日本語タイトル:日本のトレンドインフレレジームと金融政策レジーム

Trend Inflation and Monetary Policy Regimes in Japan

執筆者 沖本 竜義 (客員研究員)
発行日/NO. 2018年4月  18-E-024
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、平滑推移フィリップス曲線モデルに基づいて、日本における過去30年のトレンドインフレ率の変遷を調べたものである。本稿の結果によると、日本のトレンドインフレレジームと金融政策レジームの間には、強い関係があることが示唆された。また、2013年4月に導入された量的・質的金融緩和政策は、デフレレジームからの脱却には成功したが、2%のインフレ目標の達成には十分でない可能性も示唆された。さらに、原油価格や為替レートが、近年のインフレの変遷に比較的大きな影響を与えていることや、原油価格や株価の下落がトレンドインフレ率をゼロインフレレジームに回帰させる可能性があることも明らかとなった。

概要(英語)

This paper examines the dynamics of trend inflation in Japan over the last three decades based on the smooth transition Phillips curve model. We find that there is a strong connection between the trend inflation and monetary policy regimes. The results also suggest that the introduction of the inflation targeting policy and quantitative and qualitative easing in the beginning of 2013 successfully escaped from the deflationary regime, but were not enough to achieve the 2% inflation target. Finally, our results indicate the significance of exchange rates in explaining the recent fluctuations of inflation and the importance of oil and stock prices in maintaining the positive trend inflation regime.