日本語タイトル:貿易自由化、生産技術模倣、及び知的財産保護

Trade Liberalization, Absorptive Capacity and the Protection of Intellectual Property Rights

執筆者 Arghya GHOSH (University of New South Wales)/石川 城太 (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2018年4月  18-E-022
研究プロジェクト オフショアリングの分析
ダウンロード/関連リンク

概要

本論文は、南北複占モデルにおいて、貿易自由化が南の知的財産保護にどのような影響を及ぼすかを理論的に分析する。北企業は、南市場に輸出ないしFDIによって財を供給し、南企業と競争している。北企業の方が南企業よりも生産性が高いが、その差は、南企業による北企業の生産技術模倣に依存する。その模倣には、南の知的財産保護、南企業による生産技術模倣投資、そして北企業の立地が影響を及ぼすが、これらの要因は本論文のモデルでは、内生的に決定される。本論文の主な結論は以下のとおりである。南の知的財産保護の水準を所与として、南の生産技術模倣投資は、輸出の時の方がFDIの時よりも大きい可能性がある。南の知的財産保護の水準が北の研究開発に影響を及ぼさないとしても、南は知的財産保護の水準を引き上げる誘因を持つ。貿易費用と南の厚生を最大化する知的財産保護の水準の関係は、単純ではなく、とくに、南は貿易費用が高くも低くもない時に知的財産を保護する誘因をもつ。しかし、模倣を難しくする北企業の投資や南北企業間のライセンス契約をモデルに導入すると、貿易費用が高い場合、低い場合の両方においても南が知的財産を保護する誘因が生まれうる。

概要(英語)

We examine how trade liberalization affects South's incentive to protect intellectual property rights (IPR) in a North-South duopoly model where a low-cost North firm competes with a high-cost South firm in the South market. The North firm serves the South market through either exports or foreign direct investment (FDI). The extent of effective cost difference between North and South depends on South's imitation, which in turn depends on South's IPR protection and absorptive capacity and North firm's location choice, all of which are endogenously determined in our model. For a given level of IPR protection, South's absorptive capacity under exports may be greater than under FDI. Even though innovation is exogenous to the model (and hence unaffected by South's IPR policy), strengthening IPR protection in South can improve its welfare. The relationship between trade costs and the degree of IPR protection that maximizes South welfare is non-monotone. In particular, South has an incentive to protect IPR only when trade costs are moderate. When masking technology or licensing is incorporated into the model, however, some protection of IPR may be optimal for South even if the trade costs are not moderate.