日本語タイトル:過剰設備と政策介入の効率性:セメント産業に関する分析

Excess Capacity and Effectiveness of Policy Interventions: Evidence from the cement industry

執筆者 岡崎 哲二 (ファカルティフェロー)/大西 健 (シンガポール大学)/若森 直樹 (東京大学)
発行日/NO. 2018年3月  18-E-012
研究プロジェクト 産業政策の歴史的評価
ダウンロード/関連リンク

概要

過剰設備は多くの国々で、特にある産業に対する需要が減少した場合に大きな問題となってきた。その理由の1つは、企業間の戦略的相互依存関係が設備の効率的廃棄を遅らせることであり、その場合には、政府による政策的介入が、企業の戦略的なインセンティブを取り除いて効率性を改善する可能性がある。本論文はこのような状況における政策介入の効率性を、日本のセメント産業に関するプラントレベルのデータを用いて実証的に検討する。実証分析の結果、企業間で設備廃棄をコーディネートする政策は、企業の設備廃棄に関する意思決定を歪めることなく、また企業の市場支配力を高めることもなく、効率的に過剰設備を縮小する効果をもったことが明らかになった。

概要(英語)

Excess production capacity has been a major concern in many countries, in particular, when an industry faces declining demand. Strategic interaction among firms might delay efficient scrappages of production capacity, and policy interventions that eliminate such strategic incentives may improve efficiency. This paper empirically studies the effectiveness of policy interventions in such environment, using plant-level data on the Japanese cement industry. Our estimation results show that a capacity coordination policy that forces firms to reduce their excessive production capacity simultaneously can effectively reduce excess capacity without distorting firms' scrappage decisions or increasing the market power of the firms.