プログラム:特定研究

組織と制度の経済分析

プロジェクトリーダー/サブリーダー

鶴 光太郎 顔写真

鶴 光太郎 (上席研究員)

リーダー

プロジェクト概要

バブル崩壊以降、15年ほどの調整過程を経て新たなフロンティアへの飛躍を目指す日本経済にとって、潜在成長力、イノベーションを高め、促進させるような仕組み、デザインが必要となっている。その場合、企業のイノベーション、ひいてはパフォーマンスを高めるより本源的な要素として、企業の組織形態、人的資源のあり方、市場のインフラとなる制度から根本的に問い直すことが重要である。本プロジェクトでは、まず、近年活発化している企業買収・合併に着目し、1)その動機・意図は何か、また、2)組織再編が行われた後、当初期待されていた効果が発揮され、企業のパフォーマンスが向上しているか、について十分な検証を行う。また、敵対的買収防衛策のあり方、インプリケーションについても分析を行う。

活動期間: 2011年4月 1日 〜 2011年7月31日

主要成果物

2011年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー