プログラム:人的資本

変化する日本の労働市場―展望と政策対応―

プロジェクトリーダー/サブリーダー

川口 大司 顔写真

川口 大司 (ファカルティフェロー)

リーダー

プロジェクト概要

日本型雇用慣行の重要性の低下、製造業雇用者の減少など日本の労働市場は変化を遂げている。しかしながら、変化の原因、労働者の厚生に与える影響、政策対応の方向性については議論の方向性が定まっているとは言い難い。そこでこのプロジェクトでは変化の要因を探り、今後の変化の方向を展望し、望ましい政策の方向性を探る。日本の労働市場の変化を構造的変化、短期的変化、地理的な変化の3つの軸でとらえる。構造的変化については日本経済の構造変化が人的資本蓄積そして生産性に与える影響を評価する。短期的変化については短期的なショックが労働市場に与える影響を評価する。地理的変化については地方雇用の衰弱に焦点を当てその原因と対策を探る。

活動期間: 2013年5月21日 〜 2015年5月31日

主要成果物

2015年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー