政策研究領域(基盤政策研究領域) II. 国際競争力を維持するためのイノベーションシステム

生産性向上に関するマクロ・産業・企業レベルの統合的アプローチ

プロジェクトリーダー/サブリーダー

西山 慶彦 顔写真

西山 慶彦 (ファカルティフェロー)

リーダー

プロジェクト概要

2006年度~2008年度

90年代は「失われた10年」などとも言われ、生産性低下の時代であったと理解されている。しかし、何を真因としてマクロ的生産性低下が見られたのかは決して明らかではない。個々の企業の生産性の低下、低生産性企業の参入、高生産性企業の退出などの原因が考えられるが、事実としてどのような原因であったのかを探ることは実証的な問題である。これに対しては適切な経済モデルと適切な統計手法を組み合わせて調べる必要があるが、既存研究の中には直接適用することが妥当なものがないのが実情である。この先目指すべき持続可能な成長といった観点からも、企業や産業といった下部構造の変化とマクロレベルの変化の統一的理解は重要な課題である。本研究はこの問題に対し、理論・実証両面の包括的なアプローチを試みる。

活動期間: 〜 2008年6月30日

主要成果物

2010年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー