RIETI公開BBLウェビナー:グローバル・インテリジェンス・シリーズ

米国中間選挙ー結果とその展望

開催案内

11月8日に行われる米国議会中間選挙。今回の選挙は、米国のこれからの外交と内政、民主主義の将来、そして2024年の大統領選挙にどのような影響をもたらすのか。また日本とアメリカの関係はどうなっていくのだろうか。
本BBLウェビナーでは、米国中間選挙の結果と今後の米国政治の展望について、米ジャーマン・マーシャル・ファンド客員上席研究員のブルース・ストークス氏をお招きしご講演いただきます。

イベント概要

  • 日時:2022年11月16日(水) 12:15-13:15
  • 開催方法:オンライン開催(Live 配信)
  • 開催言語:英語
  • 参加費:無料
  • 主催:独立行政法人経済産業研究所(RIETI)
  • お問合せ:経済産業研究所コンファレンス担当 中村
    E-mailアドレス
    ※「メーラで送信」が起動しない場合は、お手数ですがフォームの文字列をコピーして@でつなげてください。

講演者・略歴(敬称略)

スピーカー:
  • ブルース・ストークス(米ジャーマン・マーシャル・ファンド 客員上席研究員)
    Mr. Bruce Stokes is a visiting senior fellow of the German Marshall Fund of the United States, where he most recently was the co-author of GMF's Transatlantic Trend public opinion survey and GMF's recommendations on the reconstruction of Ukraine. He is also an associate at Chatham House. He is the former director of global economic attitudes at the Pew Research Center. For 23 years he was the international economics reporter for the National Journal, a Washington-based public policy magazine and a regular contributor to Foresight Magazine in Japan. He was also a former senior fellow at the Council on Foreign Relations, where he is now a member and where he published, among other things, the first study advocating a free trade agreement between the United States and Japan. In 1987 and again in 1989, Mr. Stokes was a Japan Society Fellow, living in and reporting from Japan. In 1997, he was a member of President Clinton's Commission on United States-Pacific Trade and Investment Policy and he wrote its final report Building American Prosperity in the 21st Century.
モデレータ:
  • 佐分利 応貴(RIETI国際・広報ディレクター / 経済産業省大臣官房参事)