RIETI公開BBLウェビナー:グローバル・インテリジェンス・シリーズ

中国のデカップリング戦略を理解しどう対応すべきか

開催案内

中国から経済を部分的に切り離そうとする米国のデカップリング(経済の切り離し)が注目されているが、中国は10年以上前より、中国経済から米国とその同盟国をより大規模に切り離そうとしてきた。
中国の戦略はアジア経済の全事業を支配下におき、ひいてはアジア経済全体を米国から切り離すことである。その中で最も重要な事業は、競争によって多大な影響を及ぼすハイテク部門と高付加価値部門である。
一方で、中国はデカップリング戦略において以前よりも深刻な問題と障害に直面しているが、問題の多くは中国の政治経済に内在する構造的弱点から生じている。このことは、米国とその同盟国が中国からのデカップリングを有利な形で実現する上で、多大な影響力と強力な選択肢になり得る。
本講演では以下の点を考察する。
-中国の現状と背景
-中国の長所、短所、脆弱性
-米国と同盟国はいかにして現実的なアプローチを構築し、各国および共同体としての強靱さと優位性をより発揮しうるか

イベント概要

  • 日時:2022年10月6日(木) 12:15-13:15
  • 開催方法:オンライン開催(Live 配信)
  • 開催言語:英語
  • 参加費:無料
  • 主催:独立行政法人経済産業研究所(RIETI)
  • お問合せ:経済産業研究所コンファレンス担当 中村
    E-mailアドレス
    ※「メーラで送信」が起動しない場合は、お手数ですがフォームの文字列をコピーして@でつなげてください。

参加申し込み
(外部サイトに移動します)

講演者・略歴(敬称略)

スピーカー:
  • ジョン・リー(ハドソン研究所 シニアフェロー)
    John Lee is a senior fellow at Hudson Institute. He is also an adjunct professor at the University of Sydney. From 2016 to 2018, he was senior national security adviser to Australian Foreign Minister Julie Bishop. In this role, he served as the principal adviser on Asia and for economic, strategic, and political affairs in the Indo-Pacific region. Dr. Lee was also appointed the Foreign Minister’s lead adviser on the 2017 Foreign Policy White Paper, the first comprehensive foreign affairs blueprint for Australia since 2003 and written to guide Australia’s external engagement for the next ten years and beyond. He has held adjunct professorships at the Australian National University and University of Sydney. He is one of the foremost experts on the Chinese political economy and on strategic and economic affairs pertaining to the Indo-Pacific. Dr. Lee’s articles have been published in leading policy and academic journals in the United States, Asia, and Australia. He received his master’s and doctorate in international relations from the University of Oxford and his bachelor of laws and arts degrees (first class, philosophy) from the University of New South Wales. He is based in Sydney, Australia.
コメンテータ:
  • 西村 博之(株式会社日本経済新聞社 コメンテーター兼論説委員)
モデレータ: