RIETI公開BBLウェビナー

民間企業のSDGs貢献を促進する産業政策とは:OECDによる企業活動・各国政策の国際比較調査

開催案内

2030年までのSDGs達成に向けて、民間企業は重要な役割を担っており、中核事業を通じた更なるSDGs貢献が期待されている。また、政府の役割として、企業の中核事業を通じたSDGs貢献を促進するような産業政策の立案が求められている。
当セミナーでは、OECDが2020-21年に実施した「持続可能な開発目標(SDGs)を支える産業政策」プロジェクトの成果に基づき、企業活動及び各国政策の国際比較調査結果について報告する。

イベント概要

  • 日時:2022年4月13日(水) 12:15-13:15
  • 開催方法:オンライン開催(Live 配信)
  • 開催言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 主催:独立行政法人経済産業研究所(RIETI)
  • お問合せ:経済産業研究所コンファレンス担当 丸竹
    E-mailアドレス
    ※「メーラで送信」が起動しない場合は、お手数ですがフォームの文字列をコピーして@でつなげてください。

講演者・略歴(敬称略)

  • スピーカー:北澤 興平(万国郵便連合(UPU)官房戦略企画専門官/前OECD科学技術イノベーション局政策分析官)

    2019年よりOECD科学技術イノベーション局にて政策分析官として勤務。「持続可能な開発目標を支える産業政策」事業等を実施。2022年1月より国連専門機関である万国郵便連合にて戦略企画官として勤務。シンガポール国立大学公共政策学修士。

  • モデレータ:内田 了司(経済産業省通商政策局国際経済課長)