小松 文子

小松 文子顔写真

小松 文子 KOMATSU Ayako

コンサルティングフェロー (2015年09月30日まで)

独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター 情報セキュリティ分析ラボラトリー ラボラトリー長

RIETIでの活動

研究分野 主な関心領域

情報セキュリティガバナンス、情報セキュリティ事象における個人・組織の意思決定、プライバシーと経済、公開鍵暗号基盤(PKI)、プライバシー保護とアイデンティティマネジメント

学歴

1981年 日本女子大学 家政学部家政理学科物理学専攻卒業
2011年 横浜国立大学大学院 環境情報学府修了
2011年 同 情報学博士号(Ph.D)取得

職歴

1981年 - 2010年 日本電気株式会社勤務
1995年 - 1997年 (社)日本電子工業振興協会(現JEITA)でセキュリティ評価・基準研究プロジェクト主任研究員
2006年 NEC中央研究所 共通基盤ソフトウエア研究所・技術主幹
2007年10月 独立行政法人 情報処理推進機構 情報セキュリティ分析ラボラトリー準備室室長
2008年4月 - 現在 独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター 情報セキュリティ分析ラボラトリー ラボラトリー長

主な著作物

『情報セキュリティマネジメント学-理論と事例-』第6章 「行動科学からのアプローチ」, 情報セキュリティマネジメント学会, 松浦幹太編 共著, 共立出版, 2011.
『タイムビジネス―ネット時代の時刻認証サービス』共同執筆, NTT出版, 2003.6
『情報セキュリティハンドブック』共同執筆, 電子情報通信学会, オーム社, 2004
『情報セキュリティ白書』2008-2012, 執筆および編集責任者, IPA
『PKIハンドブック』ソフトリサーチセンター, 2004

査読付き論文

「情報セキュリティ対策を要請する説得メッセージによる態度変容の調査と実験」, 共著, 『情報処理学会論文誌』Vol.52 No.9
"Empirical Study on privacy Concerns and the Acceptance of e-Money in Japan", Journal of Information Processing, Vol.19,pp307-316, 2011.7
「情報セキュリティ対策における個人の利得と認知構造に関する実証研究」, 共著, 『情報処理学会論文誌』, Vol.51 No.9 1711-1725, 2010.9

査読付き国際学会発表

"Human Aspects of Information Security: An Empirical Study of Intentional versus Actual Behavior", 6th Symposium on Human Aspect of Security and Assurance, 2012.6(*)
"Analysis of Characteristics of Victims in Information Security Incidents: The Case of Japanese Internet Users", K.Hanamura, T.Takemura, A.Komatsu, 6th Symposium on human Aspect of Security and Assurance, 2012.6(*)