服部 崇

服部 崇顔写真

服部 崇 HATTORI Takashi

コンサルティングフェロー

京都大学経済研究所先端政策分析研究センター 特定教授

研究分野 主な関心領域

国際関係、通商政策、環境・エネルギー政策

学歴

1991年3月 東京大学教養学部教養学科卒業
1996年5月 ハーバード大学ケネディ行政大学院修了(公共政策修士)
2000年3月 東京工業大学大学院社会理工学研究科博士課程修了(博士(学術))

職歴

1991年 通商産業省入省
1997年 - 1999年 内閣官房内閣内政審議室主査
2000年 - 2002年 労働省(厚生労働省)職業安定局地域雇用対策課(雇用開発課)課長補佐
2005年 - 2008年 アジア太平洋経済協力(APEC)事務局ディレクター
2010年 - 2012年 金融庁監督局総務課監督調査室長
2012年 - 2013年 経済産業省産業技術環境局地球温暖化対策交渉官
2013年 - 2016年 国際エネルギー機関(IEA)環境・気候変動ユニット長
2016年 - 2018年 経済産業省通商政策局経済連携交渉官
2018年 - 2020年 京都大学経済研究所先端政策分析研究センター准教授
2020年 現職

主な著作物

  • 『文明と国際経済の地平』(共著)東洋経済新報社、2020年
  • 『Energy, Climate Change and Environment』(共著)OECD/IEA、2014年、2016年
  • 『ソーシャル・イノベーション ― 営利と非営利を超えて』(共著)日本経済評論社、2010年
  • 『APECの素顔 ― アジア太平洋最前線』幻冬舎ルネッサンス、2009年
  • 『通商白書』(共著)大蔵省印刷局、2000年
  • 『中小企業白書』(共著)大蔵省印刷局、1997年
  • "Expanding and Restructuring Global Value Chains for Sustainable and Inclusive Growth," with Y. Todo, M. S. Akman, S. Saha, and N. Volchkova. T20 Japan 2019 Policy Brief (2019).
  • "Japanese Foreign Policies on Global Climate Change: From Kyoto to Paris," in M. McCarthy, ed. Routledge Handbook of Japanese Foreign Policy. Abingdon: Routledge (2018).
  • 「エネルギー関連の国際機関」『環境経済・政策学事典』丸善出版 (2018).
  • "Built to Last: Designing a Flexible and Durable 2015 Climate Change Agreement," with G. Briner and T. Kato. OECD/IEA CCXG Paper (2014).
  • 「情報社会学の視点による国際レジーム分析―アジア太平洋経済協力(APEC)を事例として」, 情報社会学会誌, No.1 (2011) 23-37.
  • "Targeting the Base of the Pyramid: How Enterprises Can Contribute to Sustainable Development," Interdisciplinary Environmental Review 12, No.3 (2011) 258-265.
  • "The Rise of Japanese Climate Change Policy: Balancing the Norms Economic Growth, Energy Efficiency, International Cooperation and Environmental Protection," in M. Pettenger, ed. The Social Construction of Climate Change. Hampshire, UK: Ashgate (2007) 75-97.
  • "Building the Institutional Capacity for Trade and the Environment," Interdisciplinary Environmental Review 8, No.2 (2006) 70-77.
  • 「政策領域の確定に関する研究―緑の雇用事業と緊急地域雇用創出特別交付金制度を事例として」, 計画行政 27, No. 4 (2004) 23-31.
  • 「国際環境交渉:地球温暖化問題をめぐる過去と未来」, Japan Negotiation Journal 13, No.2 (2003) 7-17.
  • 「NPOによる雇用創出:緊急地域雇用特別交付金制度の活用実態」, ノンプロフィット・レビュー, 2, No.1 (2002) 47-56.
  • "Creating Green Employment: A New Link between Forestry and Employment Policies," Interdisciplinary Environmental Review 4, No.2 (2002) 99-113.
  • "Renegotiations in the Post-Agreement Period: The Future of the Kyoto Protocol," Interdisciplinary Environmental Review 3, No.2 (2001) 64-80.
  • "Trade Liberalization and Civil Society: The Japanese Policy Formulation Process," Interdisciplinary Environmental Review 2, No.2 (2000) 172-189.
  • "Integrating Policies for Combating Climate Change: The Role of the Japanese Joint Conference for the Kyoto Protocol," Environmental Economics and Policy Studies 3, No. 4 (2000) 425-445.
  • 「京都議定書の実施体制に関する課題と展望―地球温暖化対策推進本部の設置から地球温暖化対策推進大綱の策定まで」, 環境経済・政策学会年報第4号『地球温暖化への挑戦』 (1999) 183-200.
  • "The Road to the Kyoto Conference: An Assessment of the Japanese Two-Dimensional Negotiation," International Negotiation 4, No.2 (1999) 167-195.
  • "Greening APEC: Institutional Reform for Establishing a Regional Sustainable Development Area," in L. E. Susskind, W. Moomaw, and T. L. Hill, eds., Innovations in International Environmental Negotiation. Cambridge, Mass., USA: Program on Negotiation (1997) 38-47.