藤井 聡

藤井 聡顔写真

藤井 聡 FUJII Satoshi

ファカルティフェロー (2014年03月31日まで)

京都大学大学院工学研究科教授

RIETIでの活動

研究分野 主な関心領域

公共政策に関わる(経済学、心理学、社会学、民俗学、社会哲学、法律学等を含む)人文社会科学全般

研究プロジェクト

学歴

1991年 京都大学工学部土木工学科卒業
1993年 京都大学大学院工学研究科修士課程土木工学専攻卒業
1998年 京都大学博士(工学)取得

職歴

1993年 - 1998年 京都大学工学部(交通土木工学教室・起終点施設学研究室)助手
1998年 - 2000年 スウェーデン・イエテボリ大学心理学科,認知・動機・社会心理学研究室客員研究員
2000年 - 2002年 京都大学大学院工学研究科(土木システム工学専攻・社会システム工学講座)助教授
2002年 - 2006年 東京工業大学大学院理工学研究科(土木工学専攻)助教授
2006年 - 2009年 東京工業大学大学院理工学研究科(土木工学専攻)教授
2009年 京都大学大学院工学研究科(都市社会工学専攻)教授
2011年 京都大学レジリエンス研究ユニット長

主な著作物

著書

『日本破滅論』文春新書, 2012, 共著藤井聡・中野剛志

『コンプライアンスが日本を潰す~新自由主義との攻防~』扶桑新書, 2012

『列島強靭化論 ~日本復活5ヶ年計画~』文春新書, 2011

『公共事業が日本を救う』文春新書, 2010

『プラグマティズムの作法~閉塞感を打ち破るこころの習慣~』技術評論社, 2012

『救国のレジリエンス』講談社, 2012

『国土強靭化 日本を強くしなやかに』相模書房, 共著藤井聡・国土強靭化総合調査会, 2012

『正々堂々と「公共事 業の雇用創出効果」を論ぜよ~人のためにこそコンクリートを』日刊建設工業新聞社, 2010

『土木計画学-公共 選択の社会科学-』学芸出版社, 2008

『社会的ジレンマの 処方箋:都市・交通・環境問題の心理学』ナカニシヤ出版, 2003

『なぜ正直者は得を するのか-「損」と「得」のジレンマ-』幻冬舎新書, 2009

論文

Fujii, S. (2010) Can state regulation of car use activate a moral obligation to use sustainable modes of transport?, International Journal of Sustainable Transportation, 4 (5), pp. 313-320.

Fujii, S. (2010) Editorial: Introduction to the special issue on behavior modification for sustainable transportation, International Journal of Sustainable Transportation, 4 (5), pp. 249-252.

Fujii, S. and Kitamura, R. (2009) Analysis of personal action space using a model system with multiple choice structures, Transportation, 36, pp. 763-778.

Fujii S., Kitamura, R., Nagao, and Doi, M. (2009) An experimental analysis of intelligibility and efficiency of in-vehicle route guidance system displays, Transportation, 36, pp.779-786.

Fujii, S. (2009), Retrospectives and perspectives on travel behavioral modification research: A report of "behaviour modification" workshop. In Ryuichi Kitamura, Toshio Yoshii, and Toshiyuki Yamamoto (Eds.), The Expanding Sphere of Travel Behaviour Research, Selected Papers from the 11th International Conference on Travel Behaviour Research, Emerald, pp. 98-128.

Fujii, S. Van, H.T.. (2009) Psychological determinants of the intention to use the Bus in Ho Chi Mihh City. Journal of Public Transportation, 12 (1), pp. 97 - 110.

Fujii, S. Bamberg, S. Friman., M. and Grling, T. (2009) Are effects of travel feedback programs correctly assessed? Transportmetrica, 5 (1), pp. 43-57.

Fujii, S. and Garling. T. (2007) Role and acquisition of car-use habit, In Tommy Garling and Linda Steg (Eds.), Threat from Car Traffic to the Quality of Urban Life: Problems, causes, and solutions, Elsevier, pp. 235- 250.

Fujii, S. (2007) Communication with non-drivers for promoting long-term pro-environmental travel behaviour, Transportation Research D, 12, pp. 99-102.

Fujii, S. (2006) Environmental concern, attitude toward frugality, and ease of behavior as determinants of pro-environmental behavior intentions, Journal of Environmental Psychology, 26, pp. 262-268.

Fujii, S. & Taniguchi, A. (2006) Determinants of the effectiveness of travel feedback programs—a review of communicative mobility management measures for changing travel behavior in Japan, Transport Policy, 13 (5), pp. 339-348.

Fujii, S. & Arai, K. (2005) Forced commitment promotes attitudinal commitment and trust in an organization, Journal of Human Environmental Studies, 3 (2), pp. 1-6.

Fujii, S. (2005) Reducing inappropriate bicycle-parking through persuasive communication, Journal of Applied Social Psychology, 35(6), pp. 1171-1196.

Fujii, S. and Taniguchi, A. (2005) Reducing family car use by providing travel advice or requesting behavioral plans: an experimental analysis of travel feedback programs, Transportation Research D, 10 (5), pp. 385-393.

Fujii, S., & Garling, T. (2005). Temporary structural change: A strategy to break car-use habit and promote public transport. In G. Underwood (Ed.), Traffic and Transport Psychology (pp. 585-592). Elsevier: Amsterdam.

Fujii, S., Kikkawa, T. and Takemura, K. (2005) Trust and Acceptance of Risks, In T. Arai, S. Yamamoto and K. Makino, Systems and Human Science for Safety, Security and Dependability, Elsevier Science, pp. 113-122.

Fujii, S. Kitamura, and R., Suda, H (2004) Contingent Valuation Method for Procedural Justice, Journal of Economic Psychology, 25 (6), pp 877-889.

その他

2010年度 第6回(平成21年度)日本 学術振興会賞受賞
2009年度 日本社会心理学会奨励 論文賞
2008年度 交通図書賞(経営部門)
2008年度 米谷・佐佐木賞(研究部門)
2007年度 文部科学大臣表彰・若手科学 者賞
2006年度 第一回「表現者」奨励賞
2005年度 日本行動計量学会林知己夫 (優秀)賞
2003年度 土木学会論文賞
1997年度 土木学会論文奨励賞