安藤 晴彦

安藤 晴彦顔写真

安藤 晴彦 ANDOH Haruhiko

理事

電気通信大学客員教授

RIETIでの活動

学歴

1985年 東京大学法学部第二類(公法コース)卒業

職歴

1985年 通商産業省入省中小企業庁総務課
1987年 資源エネルギー庁原子力産業課調整係長
1991年 公益事業部業務課総括班長
1999年 通商産業研究所主任研究官(法令審査委員)
2001年 独立行政法人経済産業研究所総括マネージャー
    内閣府企画官(経済財政-運営総括)
    経済産業研究所フェロー(兼務)
2003年 資源エネルギー庁長官官房企画官(国際戦略・燃料電池担当)
2004年 省エネルギー・新エネルギー部燃料電池推進室長
2005年 新エネルギー対策課長(兼 燃料電池推進室長)
2007年 産業技術環境局リサイクル推進課長
2008年 内閣府参事官(科学技術政策・基本政策担当)
2010年 内閣参事官(内閣官房知的財産戦略推進事務局)
2012年 一橋大学大学院法学研究科特任教授 兼 資源エネルギープロジェクトディレクター
2014年 通商政策局通商交渉官
2015年 経済産業省貿易経済協力局戦略輸出交渉官
2018年 大臣官房審議官(戦略輸出総括担当)兼 貿易経済協力局戦略輸出交渉官
2019年7月 現職

主な著作物

  • 「「モジュール化」とグローバル・ネットワークの発展・深化が産業構造と政策に与える影響について」『「モジュール化」対「すり合わせ」 日本の産業構造のゆくえ』学術研究出版, 2015, 共編著
  • 「政策側から見た自動車のアーキテクチャ戦略(システム&モジュールによるモノ造りのグローバル化)」『自動車技術』Vol.68 No.6(2014年6月)
  • アメリカにおける公共図書館のビジネス支援サービス」『情報管理 Vol.56』(2013) No.11, 2014年2月
  • 「新エネルギーの技術開発政策と組織デザイン」『エネルギー新時代のベストミックスのあり方―一橋大学からの提言』第一法規, 2014, 共編著
  • 「日本における3R戦略」『資源循環型社会のリスクとプレミアム』慶應義塾大学出版会, 2009, 共著
  • "Venture capital and its Governance: The Emergence of Equity Financing Conduits in Japan", Corporate Governance in Japan: Institutional Change and Organizational Diversity, Oxford University Press, 2007, 共著
  • 「燃料電池開発とアーキテクチャ」『燃料電池 実用化への挑戦』工業調査会, 2007, 共著
  • 『デザイン・ルール モジュール化パワー』東洋経済新報社, 2004, 翻訳
  • 『日本経済 競争力の構想』日本経済新聞社, 2002, 共著
  • 『モジュール化 新たな産業アーキテクチャの本質』東洋経済新報社, 2002, 共編著