H27-1-05

平成27年度「移民政策への支持に関するWeb調査」
A Web Survey on Attitudes Toward Immigration Policy

プロジェクト

高齢化社会における移民に対する態度の調査研究

プロジェクトリーダー

中田 啓之 (上席研究員)

調査の目的

労働力不足への対策として外国人労働者への経済的ニーズが増しているのにも関わらず、 多くの先進国に共通して、移民受け入れへの反対は、根強い。特に生産年齢人口の縮小と同時に、医療介護等の社会福祉サービスをより多く必要とする高齢者人口の拡大が相まっている高齢化社会では、外国人労働者受け入れの経済的必要性がより顕著である。このような経済的要請の深刻化により、開放的な移民政策への反対が減退するのか、実証的に検証する。

調査概要

     
調査対象

母集団:調査会社が保有する調査モニター
調査対象:18歳から99歳の男女(都道府県別・性別・年齢別の割合により配信・回収)

調査手法

インターネット調査

実施時期

平成27年(2015年)10月〜12月

回収数

9,000人

主な調査内容

1. 活発化する移民政策に関する議論についての読解力
2. 政策に関する質問
3. 日常生活に関する質問

関連リンク