プログラム:新しい産業政策

グローバル化と人口減少時代における競争力ある農業を目指した農政の改革

プロジェクトリーダー/サブリーダー

山下 一仁 顔写真

山下 一仁 (上席研究員)

リーダー

プロジェクト概要

農業については、WTO交渉やFTA交渉(TPPを含む)において、関税の大幅な引き下げや撤廃が求められているが、国内農業界はこれに強く抵抗し、極力多くの例外品目を設けるよう主張している。他方で、高い関税で守ってきた国内の農産物市場は、高齢化と人口減少によって縮小していく。高い関税で国内市場を守るだけの対応では、日本農業の衰退を招くことは明らかである。アベノミクスでは農業政策の改革が強調されている。本プロジェクトでは、アメリカやEUにおける農政(改革)の現状についての調査・研究を踏まえつつ、日本農業の構造改革を阻む要因の分析を行い、農政改革のアウトラインを示す。

活動期間: 2013年11月 5日 〜 2015年3月31日

主要成果物

2015年度の成果

RIETIポリシー・ディスカッション・ペーパー