プログラム:国際マクロ

日本の長期デフレ:原因と政策的含意

プロジェクトリーダー/サブリーダー

渡辺 努 (ファカルティフェロー)

リーダー

プロジェクト概要

日本では10年以上の長期にわたり物価下落が続いている。本プロジェクトでは、ミクロ価格情報を活用し日本の長期デフレのメカニズムを解明し、長期デフレ脱却のために必要な方策を検討する。これまでの物価研究は消費者物価などの集計統計を用いるものが主流であった。しかし集計統計を用いた解析には限界がある。本プロジェクトでは、ミクロレベルでの企業の価格設定行動を仔細に分析し、そこを出発点としてマクロの物価変動ダイナミクスに迫るという接近法を採る。長期デフレを単純な貨幣的現象と捉えるのではなく、経済の実物的な側面(長期に亘る実物経済の停滞)と深く関連する現象と捉える。

活動期間: 2011年6月21日 〜 2013年3月31日

主要成果物

2012年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー