政策史・政策評価

20世紀末の日本の経済社会とその通商産業政策を考察するにあたって、1980年から2000年を中心とした通産政策を振り返り、評価することが本研究の目的である。20世紀末の20年間は、日本の経済社会にとって意味のある変化の時期であると同時に、通商産業政策にとってもきわめて大きな実質的かつ組織的な変化のときであった。本研究は、世紀の転換期に訪れた通商産業政策の変化が、それまでの四半世紀の政策課題の認識やそれに対応した政策手段の選択、さらにはその結果に対する評価等にもとづいてどのようにもたらされたものかを明らかにしようとするものである。

活動中のプロジェクトについては、プログラム (2016-2019年度)を参照。

プログラムディレクター

武田 晴人

武田 晴人(プログラムディレクター・ファカルティフェロー)

「政策史・政策評価」プログラムについて

活動中のプロジェクト

終了したプロジェクト