MFJ-RIETI-WASEDA国際コンファレンス

組織とパフォ-マンス:企業の多様化をいかに理解するか

開催案内

近年、異なる方法論、さまざまな視角(例:生産性分析、制度的アプローチ、経営分析等)を通じて、拡大する日本企業組織の多様性と、パフォーマンスの動向に焦点を当てた研究が進展しています。こうした研究は、同じような経営環境(セクター)にあり、また、ほぼ同一の規模をもっている企業の間でも異なった内部組織・企業統治構造が選択され、それと並行して、企業パフォーマンスの不均一性の拡大が見られることを示しています。

続きはこちら

オープンセッション概要

グローバル化、IT化が急速に進展する環境のもとで、銀行危機以降の日本企業の間では、緩慢ながらも、新規参入と退出をともなう創造的破壊が進展する一方、M&A、カンパニー制、持ち株会社の設立などの一連の組織改革が取り組まれてきました。その結果、かつて同質的であった日本企業は、いまや大きな多様化を示しています。また、近年の研究は、ほぼ同様の経営環境(セクター)にあり、また、ほぼ同一の規模をもつ企業の間でも異なった内部組織・企業統治構造が選択され、それと並行して、企業パフォーマンスの分散の拡大が見られることを示しています。

では、こうした企業組織の多様化とパフォーマンスの関係(パフォーマンスの収束/拡散と企業組織の多様化の相互関係、経営戦略、雇用政策などの戦略的要因の役割)はいかに捉えられるのでしょうか。本オープンセッションでは、内外の第一線の研究者をお招きして、この問題の分析にメスを入れます。

このオープンセッションでは、まず、Technology, Institutions, and Economic Growth Cambridge: Harvard University Press, 2005. などで知られるリチャード・ネルソン、コロンビア大学名誉教授に「企業間の組織的進化と、その違いの重要性」に関して基調講演を頂きます。その上で、内外6人の研究者を囲んで、企業パフォーマンスの変化をいかに理解するかについて議論を深めます。そこで、取り上げられるのは以下の問題です。

  • 日本企業の生産性の動向、IT投資の実態
  • EU諸国を対象としたEUKLEMSの分析に基づくEU諸国の企業の生産性の動向
  • 国際化・規制緩和などの経済環境の変化と企業パフォーマンスとの関係
  • 企業パフォーマンスにおける収束/拡散メカニズムの存在と、それに対する景気循環、技術革新の影響
  • 日本企業・EU企業の組織・経営政策の多様化の実態と、その投資行動・企業パフォーマンスとの関係

こうしたイノベーション、企業の参入と退出、組織・経営革新をめぐる議論を通じて、生産性・企業パフォーマンスの向上を可能とする今後の制度設計や、企業の改革の方向に関して多くのヒントが得られると期待されます。

このコンファレンスについて

  • 日時:2008年11月14日 9:10-17:35/15日 9:30-17:25(時間は予定)
    本コンファレンスは、下記の通り2部構成になっております。
    オープンセッション(基調講演およびラウンドテーブル)
    14日午後
    内容:一般向き
    開催言語:日本語⇔英語(同時通訳あり)
    参加費:2,000円[公印を捺印した領収証を発行いたします。]
    (当日受付にて学生証提示の方は1,000円)
    定員:150名(予定)
    主催:日仏会館 (MFJ)、独立行政法人経済産業研究所 (RIETI)
    協賛:早稲田大学 (グローバルCOE 企業法制と法創造総合研究所早稲田大学高等研究所 (WIAS))、フランス大使館
    セミオープンセッション(招待者講演セッションおよび研究セッション)
    14日午前および15日
    内容:研究者向き、学術的、専門的
    開催言語:英語(同時通訳なし)
    参加費:無料
    定員:40名(予定)
    主催:日仏会館 (MFJ)、独立行政法人経済産業研究所 (RIETI)、早稲田大学 (グローバルCOE 企業法制と法創造総合研究所早稲田大学高等研究所 (WIAS))
    協賛:フランス大使館
  • 会場:日仏会館(東京都渋谷区恵比寿3-9-25)

MFJ    RIETI    早稲田大学    フランス大使館

運営および学術委員会

運営委員会
藤田 昌久 (RIETI)
Marc HUMBERT (MFJ)
Sébastien LECHEVALIER (EHESS / MFJ)
宮島 英昭 (早稲田大学 / RIETI)
尾崎 雅彦 (RIETI)

学術委員会
Eric J. BARTELSMAN (Vrije Universiteit)
Giovanni DOSI (Scuola Superiore Sant' Anna, LEM)
深尾 京司 (一橋大学 / RIETI)
Sébastien LECHEVALIER (EHESS / MFJ)
宮島 英昭 (早稲田大学 / RIETI)
元橋 一之 (東京大学 / RIETI)
Richard NELSON (コロンビア大学 / ISERP)
John VAN REENEN (CEP - LSE)

会場およびアクセス

日仏会館外観日仏会館
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-9-25
ウェブサイト: http://www.mfj.gr.jp/ (日本語・フランス語)
Tel:03-5421-7641 Fax:03-5421-7651
* お問合せ等対応:月~金曜日9:30~18:00

地図

Highslide JS

アクセス:
JR恵比寿駅(東口)より徒歩10分
地下鉄恵比寿駅(日比谷線)より徒歩15分

東京メトロ恵比寿駅から:メトロの駅を出てJR恵比寿駅東口に向かう。(駅の出口でエスカレータを上り、東口まで歩く)
JR恵比寿駅(東口)から:東口改札を右手にして進み、動く歩道「恵比寿スカイウォーク」に乗る。動く歩道の終了地点で外に出たら左折し、歩道を直進。加計塚(かけづか)小学校を左手に歩道を最後まで進んだら、横断歩道を渡ると目の前の建物が日仏会館。

お問い合わせ

  • 会場・その他当日の運営について
    日仏会館 三笠 真木
    電話:03-5421-7641
  • 参加お申込み及び本ウェブページについて
    独立行政法人経済産業研究所 (RIETI) 加瀬知子
    電話:03-3501-8398
  • プログラムの内容について
    Sébastien LECHEVALIER (運営委員会)
    Email: sebastien.lechevalier@ehess.fr
    宮島 英昭 (運営委員会)

1日目:2008年11月14日(金)
午前の部:セミオープンセッション(日仏会館6階601号室)

9:10 - 9:20 開会挨拶

Marc HUMBERT (日仏会館 フランス外務省-CNRS国立在外共同研究所UMIFRE19所長)

9:20 - 9:30 歓迎の辞

Louis-Michel MORRIS (在日フランス大使館経済部長)

9:30 - 12:40 招待者講演セッション(セミオープンセッション)

セッションチェア:宮島 英昭 (RIETIファカルティフェロー/早稲田大学商学学術院教授・グローバルCOE 企業法制と法創造総合研究所副所長/早稲田大学高等研究所副所長)

9:30 - 10:30 プレゼンテーション「経営は重要なのか-経営政策と企業パフォーマンスの国際比較-」

発表者:John VAN REENEN (Director of Centre for Economic Performance and Professor of Economics, London School of Economics)

ディスカッサント:元橋 一之 (RIETIファカルティフェロー/東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻教授・専攻長)

10:30 - 11:30 プレゼンテーション「企業特性とパフォーマンスにみられる異質性-その鳥瞰と幾つかの推論-」

発表者:Giovanni DOSI (Professor of Economics, Laboratory of Economics and Management, Sant'Anna School of Advanced Studies / Visiting Professor, University of Manchester)

ディスカッサント:Sébastien LECHEVALIER (Associate Professor, l'École des Hautes Études en Sciences Sociales - Centre Japon)

11:30 - 11:40 コーヒーブレイク

11:40 - 12:40 プレゼンテーション「生産性の源泉を追求する-マクロからミクロへ、ミクロからマクロへ-」

発表者:Eric J. BARTELSMAN (Professor, Faculty of Economic Sciences, Business Administration and Econometrics, Free University (Vrije Universiteit), Amsterdam)

ディスカッサント:深尾 京司 (RIETIファカルティフェロー/一橋大学経済研究所教授)

12:40 - 14:00 ランチブレイク

午後の部:オープンセッション(日仏会館1階ホール)

14:00 - 14:10 午後の部 開会挨拶

藤田 昌久 (RIETI所長・CRO/甲南大学教授/京都大学経済研究所特任教授)

14:10 - 15:20 基調講演(オープンセッション)

司会

小田切 宏之 (一橋大学大学院経済学研究科教授)

14:10 - 15:20 基調講演「企業間の違いは何故生じるか、また、その違いはなぜ問題なのか」

Richard R. NELSON (George Blumenthal Professor of International and Public Affairs, Business and Law, Emeritus, Columbia University / Director, Center for Science Technology and Global Development, The Earth Institute at Columbia University)

15:20 - 15:30 コーヒーブレイク

15:30 - 17:30 ラウンドテーブル「組織とパフォーマンス:企業の多様化をいかに理解するか」(オープンセッション)

司会

Sébastien LECHEVALIER (Associate Professor, l'École des Hautes Études en Sciences Sociales - Centre Japon)

宮島 英昭 (RIETIファカルティフェロー/早稲田大学商学学術院教授・グローバルCOE 企業法制と法創造総合研究所副所長/早稲田大学高等研究所副所長)

討論者

Eric J. BARTELSMAN (Professor, Faculty of Economic Sciences, Business Administration and Econometrics, Free University (Vrije Universiteit), Amsterdam)

Giovanni DOSI (Professor of Economics, Laboratory of Economics and Management, Sant'Anna School of Advanced Studies / Visiting Professor, University of Manchester)

深尾 京司 (RIETIファカルティフェロー/一橋大学経済研究所教授)

元橋 一之 (RIETIファカルティフェロー/東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻教授・専攻長)

Richard R. NELSON (George Blumenthal Professor of International and Public Affairs, Business and Law, Emeritus, Columbia University / Director, Center for Science Technology and Global Development, The Earth Institute at Columbia University)

John VAN REENEN (Director of Centre for Economic Performance and Professor of Economics, London School of Economics)

17:30 - 17:35 初日閉会挨拶

Marc HUMBERT (日仏会館 フランス外務省-CNRS国立在外共同研究所UMIFRE19所長)

2日目:2008年11月15日(土)
セミオープンセッション(日仏会館6階601号室)
※研究セッション1~4におきましては、事前に実施したCall for Papersに応募された95本の論文より、本コンファレンスの学術委員会の厳正な審査により採択された8本の論文の発表が行われました。

9:30 - 11:00 研究セッション1:「企業パフォーマンスの異質性に関する企業ダイナミクス」(セミオープンセッション)

セッションチェア:Giovanni DOSI (Professor of Economics, Laboratory of Economics and Management, Sant'Anna School of Advanced Studies / Visiting Professor, University of Manchester)

9:30 - 10:15 「キャッチアップ、収束および景気循環-スペインの企業レベルの実証分析-」

発表者:Rodolfo STUCCHI (Universidad Carlos III de Madrid)

ディスカッサント:河西 卓弥 (RIETI/早稲田大学)

10:15 - 11:00 「企業の生産性、収益性および成長に関する実証分析」

発表者:Angelo SECCHI (LEM-Scuola Superiore Sant'Anna)

ディスカッサント:宮川 努 (RIETIファカルティフェロー/学習院大学経済学部教授)

11:00 - 11:20 コーヒーブレイク

11:20 - 12:50 研究セッション2:「自由化と企業パフォーマンス」(セミオープンセッション)

セッションチェア:Hak K. PYO (Professor, Department of Economics, Seoul National University)

11:20 - 12:05 「自由化が生産性にもたらす非対称な影響」

発表者:Leonardo IACOVONE (University of Sussex and The World Bank)

ディスカッサント:永野 護 (名古屋市立大学経済学研究科教授)

12:05 - 12:50 「企業の生産性と国際貿易-メリッツ-オッタビアーノ・モデルのテスト-」

発表者:Frederic WARZYNSKI (Aarhus School of Business)

ディスカッサント:市田 敏啓 (早稲田大学)

12:50 - 14:00 ランチブレイク

14:00 - 15:30 研究セッション3:「企業パフォーマンスの決定要因(1):戦略とパフォーマンス」(セミオープンセッション)

セッションチェア:John VAN REENEN (Director of Centre for Economic Performance and Professor of Economics, London School of Economics)

14:00 - 14:45 「変貌する市場におけるビジネス戦略と企業の再組織化-国際パルプ・製紙産業の企業分析-」

発表者:Vivek GHOSAL (Georgia Institute of Technology)

ディスカッサント:齊藤 卓爾 (京都産業大学)

14:45 - 15:30 「拡大する日本企業の不均一性-パフォーマンスと組織-」

発表者:伊藤 恵子 (専修大学)

ディスカッサント:Eric J. BARTELSMAN (Professor, Faculty of Economic Sciences, Business Administration and Econometrics, Free University (Vrije Universiteit), Amsterdam)

15:30 - 15:50 コーヒーブレイク

15:50 - 17:20 研究セッション4:「企業パフォーマンスの決定要因(2):組織とパフォーマンス」(セミオープンセッション)

セッションチェア:Eric J. BARTELSMAN (Professor, Faculty of Economic Sciences, Business Administration and Econometrics, Free University (Vrije Universiteit), Amsterdam)

15:50 - 16:35 「人事管理の多様性と企業パフォーマンス」

発表者:Pedro S. MARTINS (Queen Mary, University of London / CEG-IST / IZA)

ディスカッサント:久保 克行 (早稲田大学)

16:35 - 17:20 「企業集団のコストと利益の長期的進化-低いプレミアム、高いディスカウント、高いプレミアムのはざまにある韓国の財閥-」

発表者:Keun LEE (Seoul National University)

共著者:Jiyoun KIM (Seoul National University)

ディスカッサント:John VAN REENEN (Director of Centre for Economic Performance and Professor of Economics, London School of Economics)

17:20 - 17:25 閉会挨拶

Sébastien LECHEVALIER (Associate Professor, l'École des Hautes Études en Sciences Sociales - Centre Japon)

*上記プログラムの講演内容及び講演者は状況により変更することがありますのでご了承下さい。