プログラム:人的資本

企業内人的資源配分メカニズムの経済分析―人事データを用いたインサイダーエコノメトリクス―

プロジェクトリーダー/サブリーダー

大湾 秀雄 顔写真

大湾 秀雄 (ファカルティフェロー)

リーダー

プロジェクト概要

企業の内部労働市場は、(1)労働者の能力を実際の仕事ぶりに基づき評価し、(2)訓練を通じ人的資本を蓄積し、(3)人的資本の蓄積に応じて人材の再配置を行い、(4)短期長期両方のインセンティブを用いて"やる気"を高めるという多面的な役割を果たしている。人事システムが効率的かという問いかけは、内部労働市場がそれぞれの役割をどの程度合理的な仕組みで果たしているかという問題に帰着する。

本プロジェクトでは、日本企業数社の人事データを用い、日本企業の内部労働市場が、合理的企業行動を前提とする理論と整合的になっているか、非流動的な労働市場を持つ日本経済において内部労働市場の働きが欧米企業と異なるか、制度的要因が人的資源配分や価格付けにどのような影響をもたらしているか、組織内人材配置の変化がイノベーション活動にどのような影響を与えているかなどの問題に取り組む。

活動期間: 2013年4月15日 〜 2015年3月31日

主要成果物

2015年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー

2014年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー