このページではJavaScriptを使用しています。

第3回RIETIハイライトセミナー

企業の新たなグローバル展開と日本経済

印刷用ページへ

経済産業研究所(RIETI)では、社会的に関心の高い政策課題をとらえ、それに関わる弊所での研究成果のタイムリーな対外発信も含め、議論を深めていく「RIETIハイライトセミナー」を開催しています。

第3回となる本セミナーでは、「企業の新たなグローバル展開と日本経済」をテーマとして、日本企業のグローバル化はいかにあるべきかについて、貿易・投資自由化の動き、新興国の台頭、国内産業・地域の空洞化の懸念、今後のアジア展開などを踏まえた幅広い視点から、議論をすすめます。

イベント概要

  • 日時:2013年3月8日(金)16:00-18:00
  • 会場:RIETI国際セミナー室(東京都千代田区霞が関1丁目3番1号 経済産業省別館11階1121)
  • 開催言語:日本語(同時通訳なし)
  • 参加費:無料
  • 定員:200名
  • 主催:独立行政法人経済産業研究所
  • お問合せ:RIETI 兼松正典
         Tel: 03-3501-8398、Fax: 03-3501-8416

講演者(五十音順)

  • パネリスト:伊藤 恵子 (RIETIファカルティフェロー / 専修大学経済学部教授)
  • パネリスト:戸堂 康之 (RIETI ファカルティフェロー / 東京大学大学院新領域創成科学研究科教授)
  • パネリスト:藤井 聡 (RIETIファカルティフェロー / 京都大学大学院工学研究科教授 / 内閣官房参与)
  • モデレータ:中島 厚志 (RIETI理事長)

伊藤 恵子氏 プロフィール

1994年早稲田大学理工学部卒業後、ソニー株式会社入社。99年筑波大学大学院地域研究研究科修士課程修了、2002年一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程修了、同経済学博士号 (D.Phil.) 取得。2002年より財団法人国際東アジア研究センター上級研究員。2004年より専修大学経済学部講師、助教授、准教授を経て、2012年より同大学教授。

主な著作に「外資系企業の参入と国内企業の生産性成長:『企業活動基本調査』個票データを利用した実証分析」 『経済分析』 第186号、内閣府経済社会総合政策研究所2013年 など。

2010年より内閣府総合科学技術会議専門委員。2012年から厚生労働省雇用政策研究会委員。

戸堂 康之氏 プロフィール

1991年東京大学教養学部教養学科アジア分科卒業、2000年スタンフォード大学博士号(経済学)取得。南イリノイ大学経済学部助教授、東京都立大学経済学部助教授、青山学院大学国際政治経済学部助教授を経て、2007-2010年東京大学大学院新領域創成科学研究科国際協力学専攻准教授、2010年12月より同学専攻教授。

主な研究分野は開発経済学・国際経済学・ミクロ計量経済学。

主な著作に『日本経済の底力−臥龍が目覚めるとき』中央公論新社 2011、『途上国化する日本』日本経済新聞出版社 2010、『技術伝播と経済成長−グローバル化時代の途上国経済分析』、勁草書房 2008、「グローバル化が国内企業の生産性に与える影響」(共著)、『生産性と日本の経済成長』東京大学出版会 2008 など。

藤井 聡氏 プロフィール

1991年京都大学工学部卒業、93年同大学院工学研究科修士課程。1993年京都大学工学部(交通土木工学教室・起終点施設学研究室)助手、98年京都大学博士(工学)取得。1998年〜2000年スウェーデン・イエテボリ大学心理学科、認知・動機・社会心理学研究室客員研究員。2000年京都大学大学院工学研究科(土木システム工学専攻・社会システム工学講座)助教授。2002年東京工業大学大学院理工学研究科(土木工学専攻)助教授を経て教授。2009年より京都大学大学院工学研究科(都市社会工学専攻)教授。2011年より京都大学レジリエンス研究ユニット長。2012年12月より第2次安倍内閣 内閣官房参与。

主な著作に『土木計画学−公共 選択の社会科学−』学芸出版社 2008、『公共事業が日本を救う』文春新書 2010、『列島強靭化論 〜日本復活5ヶ年計画〜』文春新書 2011など。

*講演内容および講演者は状況により変更することがありますのでご了承下さい。

ページトップへ