日本語タイトル:特許庁の情報制約と審査の質:審査着手までの期間が与える影響による分析

Information Constraint of the Patent Office and Examination Quality: Evidence from the effects of initiation lags

執筆者 長岡 貞男 (ファカルティフェロー)/山内 勇 (リサーチアソシエイト)
発行日/NO. 2017年3月  17-E-040
研究プロジェクト 産業のイノベーション能力とその制度インフラの研究
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、特許庁の情報制約が審査の質に与える影響を分析した。審査の質は第一種の過誤(本来、拒絶されるべき出願が特許査定を受ける誤り)と第二種の過誤(本来、特許査定を受けるべき出願が拒絶される誤り)で測定している。本稿では審査請求期間の短縮という制度改正を情報制約の操作変数として用いることで、情報制約と審査の質との因果関係の識別を試みた。分析の結果、情報制約が厳しくなることで、審査の質の指標である特許査定率や不服審判発生率は有意に上昇することが明らかとなった。この結果は、審査着手の早期化による情報制約が、第一種と第二種両方の過誤を増やすだけでなく、第一種の過誤の増加が第二種の過誤の増加を上回ることを示している。また、制度変更の負の影響が、情報制約の厳しい技術分野(発明がより新しい先行技術を基礎としており、かつ審査請求が早い分野)でより大きいことも確認した。さらに、本研究では、先行研究で観察されている国際出願と国内出願の特許査定率の差についても分析を行った。その結果、国際出願に対する出願の猶予期間が審査着手までの期間を長くし、それが審査の質を高め査定率を低下させている可能性も示された。これらの結果は、特許庁の情報制約を緩和するような政策が、審査の質を向上させ、特許制度のイノベーション促進効果を高めることを示唆している。

概要(英語)

We examine how significantly the information constraint of the patent office affects its examination quality in terms of type I and type II errors (wrong grants and wrong rejections). For identification, we exploit the exogenous policy change in Japan which accelerated the timing of examination. Such acceleration increased significantly both the grant rate and the frequency of appeals against the rejections of the patent office, despite the higher examination request rates. These results reveal that more information constraint increases both types of errors, but the increase in wrong grants is dominant, consistent with the design of the patent examination system where an examiner has the burden of proof in rejections and the applicant has the chance to challenge the rejections. These effects become stronger in technology sectors with stronger information constraint: those sectors which have both short technology cycles and early examination requests so that the age of relevant prior art at examination is young. We also show that longer initiation lags for an international application with foreign priority significantly reduces its grant rate. These findings suggest that the patent office is under information constraint and a better information infrastructure will significantly improve patent quality.