日本語タイトル:少子高齢化の下での公的医療保険制度改革の動学的一般均衡分析

Population Aging, Health Care, and Fiscal Policy Reform: The challenges for Japan

執筆者 HSU Minchung (政策研究大学院大学)/山田 知明 (明治大学)
発行日/NO. 2017年3月  17-E-038
研究プロジェクト 少子高齢化が進行する中での財政、社会保障政策
ダウンロード/関連リンク

概要

少子高齢化の進行に伴い、公的年金制度だけでなく公的医療保険についても将来的な財政負担増が指摘されている。そこで本稿では、さまざまな公的医療保険制度改革が家計の意思決定および我が国の財政にどのような影響を与えるかについて考察する。具体的には、少子高齢化はマクロ経済環境に大きな影響を与えることから、家計が長期間生存するライフサイクル型動学的一般均衡モデル(世代重複モデル)を構築し、さまざまな制度改革プランについて定量的に分析を行った。特に、(a)医療費の自己負担割合の増加および(b)健康保険制度の財源の変更という2種類の政策がマクロ経済および財政に与える影響に注目した。我々のモデルに基づくと、高齢者の医療費の自己負担割合を現行制度の1割から現役並の3割に上昇させる政策や消費税増税は、これから生まれてくる世代の経済厚生を高める効果を持つ。一方、現在の高齢者は負担増から厚生の劣化が懸念されるが、世代間の富の移転を伴う緩やかな制度改革は全世代の厚生を改善する可能性があることを明らかにした。

概要(英語)

This paper quantitatively studies the influence of a rapidly aging population on the financing of a public universal health insurance system and the corresponding fiscal policies. We construct a general equilibrium life-cycle model to investigate the effects of aging and evaluate various policy alternatives designed to lessen the negative influence of aging. In particular, we analyze the reforms of insurance benefits and tax financing tools that were the recent focus of a great amount of attention and debate in Japan because of the tense financial situation. We show that although the potential reforms significantly improve the welfare of future generations, political implementation of such reforms is difficult because of the large welfare costs for the current population. Our analysis suggests that a gradual reform with an intergenerational redistribution will be more implementable politically than a sudden reform.

Forthcoming: Hsu, Minchung and Tomoaki Yamada. "Population Aging, Health Care and Fiscal Policy Reform: The Challenges for Japan," Scandinavian Journal of Economics.