日本語タイトル:個人特性、行動バイアスと移民に対する個人の態度:日本におけるサーベイからのエビデンス

Individual Characteristics, Behavioral Biases, and Attitudes toward Immigration: Evidence from a survey in Japan

執筆者 冨浦 英一 (ファカルティフェロー)/伊藤 萬里 (リサーチアソシエイト)/椋 寛 (学習院大学)/若杉 隆平 (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2017年3月  17-E-033
研究プロジェクト 中国市場と貿易政策に関する実証的研究
ダウンロード/関連リンク

概要

日本における約1万人を対象とした調査結果を用いて、個人の移民に対する態度を、貿易政策に対する選好と比較しつつ分析する。リスク回避的な人は保護主義の傾向があるが、現状維持バイアスの影響を受けている人は移民にも輸入自由化にも反対する。移民に反対する人は、自国経済に悲観的で、居住地を変わりたくない、外国人の知り合いがいないといった傾向がある。これらの結果から、移民への支持を広げるのは幅広い対策が必要であることが示唆される。教育、職業、失業、性別などの標準的な変数の効果も確認された。

概要(英語)

This paper examines individual attitudes toward immigration and compares them with trade policy preferences based on a survey of over 10,000 respondents in Japan. People opposing both immigration and import liberalization are influenced by status-quo bias, while risk averters are more likely to be protectionists. Individuals with anti-immigrant sentiments tend to have pessimistic prospects of the national economy, dislike of changing of residential locations, or have no personal acquaintances with foreigners. These findings suggest that wide-ranging measures are required for expanding support for immigration. We also confirm the effects of such standard variables as education, occupation, unemployment, and gender.