若杉 隆平

若杉 隆平顔写真

若杉 隆平 WAKASUGI Ryuhei

ファカルティフェロー (2017年3月31日まで)

シニアアドバイザー
京都大学名誉教授・横浜国立大学名誉教授
新潟県立大学大学院教授

RIETIでの活動

研究分野 主な関心領域

国際経済学、イノベーションの経済分析、法と経済学

研究プロジェクト

学歴

1971年 東京大学経済学士
1979年 Yale大学経済学修士
1988年 東京大学経済学博士

職歴

1986年 信州大学経済学部助教授
1989年 信州大学経済学部教授
1992年 - 2004年 横浜国立大学経済学部・大学院国際社会科学研究科教授
(1998年 - 2000年 横浜国立大学経済学部長)
(2000年 - 2003年 横浜国立大学副学長)
2004年 - 2010年 慶應義塾大学経済学部教授
2007年 - 2012年 京都大学経済研究所教授
2013年 - 2015年 学習院大学特別客員教授
2015年 - 現在 新潟県立大学大学院教授

主な著作物

編著書

Internationalization of Japanese Firms: Evidence from Firm-level Data, ed., Springer, Tokyo, March 2014.

『現代日本企業の国際化-パネルデータ分析-』岩波書店 2011年10月

『グローバル・イノベーション』(伊藤萬里と共著)慶應義塾大学出版会 2011年8月

『グローバル化と国際経済戦略』(藤田昌久と共編著)日本評論社 2011年3月

『国際経済学(第3版)』岩波書店 2009年1月

『現代の国際貿易-ミクロデータ分析-』岩波書店 2007年10月

論文

"Recovery of the Supply Chain after the 2011 Mega-quake in Japan," (with Ayumu Tanaka), Millennial Asia, 6(1), 1-20, 2015.

"Task Content of Trade: A Disaggregated Measurement of Japanese Changes," (with Eiichi Tomiura and Lianming Zhu), Japanese Economic Review, 65(2), 238-251, 2014.

"Offshore outsourcing and non-production workers: Firm-level relationships disaggregated by skills and suppliers," (with Eiichi Tomiura and Banri Ito), The World Economy, 36(2), 180-193, 2013.

"Productivity Heterogeneity and Internationalization: Evidence from Japanese Firms," (with Ayumu Tanaka), Millennial Asia, 3 (1), 45-70, 2012.

"Business Groups, Foreign Direct Investment, and Capital Goods Trade: The Import Behavior of Japanese Affiliates," (with Rene Belderbos and Jianglei Zou), Journal of Japanese and International Economies, 26(2), 187-200, 2012.

"How Do Chinese Industries Benefit from FDI Spillovers?" (with Banri Ito, Naomitsu Yashiro, Zhaoyuan Xu, and Xiaohong Chen), China Economic Review, 23, 342-356, 2012.

"Offshore Outsourcing and Productivity: Evidence from Japanese Firm-level Data Disaggregated by Tasks," (with Banri Ito and Eiichi Tomiura), Review of International Economics, 19(3), 555-567, 2011.

その他

【受賞歴】
2007年10月 小島清賞研究奨励賞
2008年10月 国際ビジネス研究学会賞

【所属学会】
日本経済学会、日本国際経済学会、アメリカ経済学会