日本語タイトル:ネットワーク構築における企業の異質性の役割-ベトナムの中小企業の事例-

Accounting for Heterogeneity in Network Formation Behavior: An application to Vietnamese SMEs

執筆者 星野 匡郎 (東京理科大学)/嶋本 大地 (早稲田大学)/戸堂 康之 (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2017年3月  17-E-023
研究プロジェクト 企業の国際・国内ネットワークに関する研究
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究は、行動学的な異質性を考慮しつつ、企業間の情報共有ネットワークがどのように構築されるかを明らかにするものである。特に、ベトナムの衣料産業における中小企業を対象とした独自のデータを利用し、ランダム係数ロジットモデルによる分析を実施する。その結果、平均的には企業は自身と同様の特徴を有する企業とネットワークを結ぶ傾向(同類性:homophily)を持つが、一部の企業は自身と異なった特徴を持つ企業とより積極的に情報共有する傾向(異類性:heterophily)を持つことが見出された。このような同類性に対する企業の異質性を計量経済学的に明らかにしたものは、筆者らの知る限りでは本研究が初めてである。一部の企業間について異類性が存在する理由としては、ネットワーク科学の最近の知見が示すように、あえて自らと異質な企業と連携することによって、お互いにとって、より目新しい情報や技術を効率的に収集できるためと考えられる。

概要(英語)

Network formation is often characterized by homophily—the tendency that agents connect with others who have similar attributes. However, while most agents are homophilous, others may be heterophilous, namely, aiming to create ties with dissimilar agents. This study finds evidence supporting this hypothesis for the first time in the literature by applying random coefficient models to information-sharing network data for Vietnamese small and medium-sized enterprises (SMEs). One possible interpretation for this heterophily is that firms can obtain more useful and performance-improving information from those dissimilar—as opposed to similar—to themselves, as suggested by certain social network studies.