日本語タイトル:中国の電子製品輸出、人民元、サプライチェーン諸国の為替レート

China's Electronics Exports, the Renminbi, and Exchange Rates in Supply Chain Countries

執筆者 THORBECKE, Willem (上席研究員)
発行日/NO. 2016年9月  16-E-088
研究プロジェクト East Asian Production Networks, Trade, Exchange Rates, and Global Imbalances
ダウンロード/関連リンク

概要

中国の貿易黒字は依然として膨大である。研究者によると、中国の輸出が海外の製造業の雇用に打撃を与え、保護主義的な圧力を助長させているという。中国の貿易黒字は電子部門に集中している。スマートフォン、タブレットPC、消費者向け電子製品の中国の輸出において、付加価値の大部分が台湾、韓国、日本、ASEAN諸国で生産されたプロセッサ、センサーなどの部品に由来する。本稿は、中国の電子機器輸出を理解するにあたり、部品供給国の為替レートが重要であることを示す。東アジアの輸出を均衡化させるには、域内通貨の協調的な切り上げが必要である。しかしながら、金融市場の発達が不十分なため、多くの東アジア諸国では、米ドルが依然として通貨バスケットの最も重要な通貨である。東アジア各国は近隣国に対する競争力を維持するため、自国通貨の対ドル切り上げに後ろ向きである。本稿は、このような調整の失敗を克服し、域内においてより強力な消費志向の経済を発展させる方法について考察する。

概要(英語)

China's trade surplus remains huge. Researchers have reported that China's exports decimate manufacturing job abroad and stoke protectionist pressures. China's surplus is concentrated in the electronics sector. Much of the value-added of China's exports of smartphones, tablet computers, and consumer electronics goods comes from processors, sensors, and other parts and components (p&c) produced in Taiwan, South Korea, Japan, and the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN). This paper finds that exchange rates in countries supplying p&c are crucial for understanding China's electronics exports. A concerted appreciation of East Asian currencies is needed to rebalance the region's exports. However, because of underdeveloped financial markets, the U.S. dollar remains the most important currency in the currency baskets of many East Asian economies. Countries resist appreciation against the dollar to maintain competitiveness vis-à-vis neighboring economies. This paper considers ways to overcome this coordination failure and develop stronger consumption-oriented economies in the region.

Forthcoming: Thorbecke, Willem. "Rebalancing trade in East Asia: Evidence from the electronics industry," Emerging Markets Finance and Trade.