日本語タイトル:ランダム化比較試験によるピア(仲間)効果の識別と分解

Identifying and Decomposing Peer Effects on Participation Decisions Using a Randomized Controlled Trial

執筆者 嶋本 大地 (早稲田大学)/戸堂 康之 (ファカルティフェロー)/Yu Ri KIM (東京大学)/Petr MATOUS (シドニー大学)
発行日/NO. 2016年8月  16-E-083
研究プロジェクト 企業の国際・国内ネットワークに関する研究
ダウンロード/関連リンク

概要

この論文は、輸出振興セミナーの参加に対する企業の意思決定が、情報交換を行う仲間企業によって影響を受けるかどうかを、ベトナムの伝統的な衣料産業のクラスターにおけるランダム化比較試験によって分析したものである。セミナーに参加した仲間企業の数の操作変数として、セミナーに招待された仲間企業の数を利用して、ピア効果(仲間の効果)を推計した。また、この論文の実験では、1日間のセミナーが3回に分けて開催され、招待された企業のそれぞれはその3回のうちのいずれかに招待されている。これを利用して、セミナー参加に対する心理的なコストの軽減、つまり社会的効用を通じたピア効果を、仲間との情報の確認や仲間の情報に対するただ乗りを通じたピア効果から切り離して推計した。その結果、大きな正のピア効果があったことが見出された。さらに、ある企業と同じ日にセミナーに参加した仲間企業の数は、その企業の参加と正の関係にあるが、別の日に参加した仲間企業の数は有意な関係になかった。このことは、ピア効果は社会的効用を通じて発現していることを示している。また、正のピア効果があることは、参加の意思決定に複数均衡があることを示しているが、それは実際のクラスターにおいて参加企業の割合にかなり差があることと整合的である。

概要(英語)

Utilizing a randomized controlled trial (RCT) in traditional clusters of apparel and textile firms in Vietnam, this paper investigates how firms' decisions to participate in seminars on export promotion are affected by their information exchange peers. We identify the effect of the number of peers participating in the seminars by using the number of randomly invited peers as an instrument. In addition, because we held three one-day seminars consecutively and invited each firm to one of the seminars, we can isolate the peer effects based on the reduction of the psychological costs of participation--or social utility--from other effects through information confirmation among the peer participants and free riding on peer information. We find that peers' participation in the seminars has a positive effect overall. To further decompose this positive effect, we distinguish between peers participating on the same day and other days, finding that the former has a positive effect while the latter has no significant effect. These results imply that peer effects arise mostly through the social utility channel. The presence of positive peer effects suggests that multiple equilibria in terms of the share of participants within each network of firms may emerge, which is also consistent with our observations.