岩本 晃一

岩本 晃一顔写真

岩本 晃一 IWAMOTO Koichi

上席研究員

RIETIでの活動

研究分野 主な関心領域

再生可能エネルギー、IoT/Industrie4.0、地域経済、ドイツ経済、中国経済

研究プロジェクト

学歴

1981年 京都大学工学部電子工学科卒業
1983年 京都大学大学院工学研究科電子工学専攻修了

職歴

1983年 通商産業省入省、産業技術総合研究所つくばセンター次長、内閣官房総合海洋政策本部事務局内閣参事官
2011年 - 2015年 経済産業省地域経済産業グループ産業政策分析官
2015年2月 - 11月 コンサルティングフェロー
2015年11月 現職

主な著作物

<本の出版>

  • 主書『洋上風力発電』日刊工業新聞社, 2013
  • 共著『地域経済論入門』古今書院, 2014 共著者;松原宏(東京大学教授)他
  • 主著『インダストリー4.0ドイツ第四次産業革命が与えるインパクト』日刊工業新聞社, 2015
  • 共著『ビジネスパーソンのための人工知能』東洋経済出版社, 2016 共著者;松尾豊(東京大学教授)他
  • 共著『中小企業がIoTをやってみた』日刊工業新聞社, 2017

<査読付論文>

  • 論文「港湾区域外の領海及びEEZへのゾーニング・ルール導入に関する考察」『日本風力エネルギー学会誌』, 2014, 通巻第111号
  • 論文「低炭素型雇用創出産業立地推進事業費補助金の効果分析」『日本地理学会E-journal GEO』, 2014, Vol. 9(2) 89-101)

<一般原稿>

  • 基調執筆「技術立国日本の持続的発展のための産業のかたちとは何か」『日本風力エネルギー学会誌』, 2014, 通巻第109号
  • 一般投稿原稿「再生エネ増・電気代上昇は製造業の国際競争力を失わせるか」『日本風力エネルギー学会誌』, 2014, 通巻第110号
  • 一般投稿原稿「欧州における洋上風力発電所の事故の特徴及び対応策」『日本風力エネルギー学会誌』, 2014, 通巻第111号
  • 一般投稿原稿「洋上風力の拠点港について」『日本風力エネルギー学会誌』, 2015, 通巻第112号
  • 一般投稿原稿「全体像が明らかになったフランスの洋上風力発電開発計画」『日本風力エネルギー学会誌』, 2015, 通巻第113号
  • 一般投稿原稿「ケーススタディ、御前崎洋上風力開発計画のケース」『日本風力エネルギー学会誌』, 2015, 通巻第114号
  • 一般投稿原稿「洋上風力発電発展に向けた産業拠点港の必要性」『日本風力エネルギー学会誌』, 2015, 通巻第115号
  • 寄稿「経済産業研究所の紹介と再生可能エネルギーへの取り組み」『日本風力エネルギー学会誌』, 2016, 通巻第119号
  • 寄稿「北九州市響灘区洋上風量産業拠点の形成」『日本風力エネルギー学会誌』, 2017, 通巻第121号
  • 研究ノート「これから地方はどうやって食べていくか、持続可能な地域経済モデルを求めて」『日本立地センター産業立地』, 2012年9月号〜2014年3月号
  • 連載記事「インダストリー4.0はモノづくりをどう変えるか」『日刊工業新聞社‘機械設計’』, 2015年9月号から連載中

その他

<感謝状>

  • 一橋大学大学院国際戦略専攻MBAコースでの講義に対する感謝状, 2014年2月
  • 同上, 2015年2月
  • 同上, 2016年2月
  • 同上, 2017年1月

<賞>

  • 「インダストリー4.0(著者;岩本晃一)」日刊工業新聞社
    「読者が選ぶビジネス書グランプリ2016」において「イノベーション部門4位」
    主催;グロービス経営大学院とflier社の共同企画