星 岳雄

星 岳雄顔写真

星 岳雄 HOSHI Takeo

客員研究員 (2016年6月30日まで)

スタンフォード大学教授
National Bureau of Economic Research, Research Associate
Asian Bureau of Finance and Economic Research, Founding Fellow
東京経済研究センター研究員

RIETIでの活動

研究分野 主な関心領域

金融論、マクロ経済学、日本経済論

学歴

1983年 東京大学教養学部卒(教養学士)
1988年 米マサチューセッツ工科大学卒(Ph.D. 経済学)

職歴

1988年 - 1994年 米カリフォルニア大学サンディエゴ校助教授
1994年 - 2000年 米カリフォルニア大学サンディエゴ校准教授
2000年 - 2012年 米カリフォルニア大学サンディエゴ校教授
2006年および2009年 カリフォルニア大学サンディエゴ校、国際関係論・環太平洋研究大学院、院長代理
2009年 - 2014年 ユニオンバンカル社外取締役
1997年 - 1998年 大阪大学経済学部寄附講座「リスクと情報の経済学」(東京海上)客員助教授
1998年 日本銀行金融研究所客員研究員
2002年 - 2004年 経済産業研究所ファカルティフェロー
2003年 - National Bureau of Economic Research, Research Associate
2006年 - 東京経済研究センター研究員
2012年 - スタンフォード大学教授
2013年 - Asian Bureau of Finance and Economic Research, Founding Fellow

主な著作物

「ゾンビの経済学」岩本靖・太田誠・二神孝一・松井彰彦編『現代経済学の潮流2006』2006年。「1980年代の銀行経営:戦略、組織、ガバナンス」(岡崎哲司との共著)村松岐夫・奥野正寛編『平成バブルの研究』2002年。「なぜ日本は流動性の罠から逃れられないのか」深尾光洋・吉川洋編『ゼロ金利と日本経済』2000年。「戦後日本の金融機関と企業の再建整備」『経済研究』1995年。"Will the U.S. and Europe Avoid a Lost Decade? Lessons from Japan's Post Crisis Experience" (Joint with Anil K Kashyap), IMF Economic Review, 2015. "Defying Gravity: Can Japanese sovereign debt continue to increase without a crisis?" (Joint with Takatoshi Ito) Economic Policy, 2014, 5-44. "Role of Central Banks in Financial Stability: Lessons from the Experience of the Bank of Japan," in Douglas D Evanoff, Cornelia Holthausen, George G Kaufman, and Manfred Kremer (Eds.) The Role of Central Banks in Financial Stability: How Has It Changed? , World Scientific Publishing, 2013. "Japanese Government Debt and Sustainability of Fiscal Policy," (Joint with Takero Doi and Tatsuyoshi Okimoto) Journal of the Japanese and International Economies, 25:4, 414-433, December 2011. "Zombie Lending and Depressed Restructuring in Japan" (Joint with Ricardo Caballero and Anil Kashyap), American Economic Review, 2008. "Corporate Structure, Liquidity, and Investment: Evidence from Japanese Industrial Groups" (joint with Anil Kashyap and David Scharfstein), Quarterly Journal of Economics, 1991. 他。