日本語タイトル:輸出と外国直接投資の決定:日本の外資系企業からのエビデンス

Exports and FDI Entry Decision: Evidence from Japanese foreign-affiliated firms

執筆者 Ivan DESEATNICOV (筑波大学)/Konstantin KUCHERYAVYY (東京大学)
発行日/NO. 2017年3月  17-E-036
研究プロジェクト 東アジア産業生産性
ダウンロード/関連リンク

概要

距離が増えるにつれて海外直接投資(FDI)の総額は、なぜ低下するのか? この疑問に答えるため、日本の多国籍企業の行動を調べた。具体的には、海外市場における輸出経験が直接投資に与える影響を分析した。企業は輸出によって外国市場の状況を習得していると考え、収益性が十分に高い場合には外国関連会社を設立すると仮定した。1995〜2013年の企業活動基本調査と海外事業活動基本調査からの企業レベルのデータを用いて、理論モデルを提示し、計量的に検証した。日本の多国籍企業の輸出経験と生産性をコントロールし、距離が増えるにつれて直接投資参入の確率が低下することを見出した。輸出を通じた学習に加え、貿易コストが直接投資活動を左右しているとの結果が得られた。我々の結果は、貿易コストが企業の外国市場需要を知る能力を制限することを示唆している。その結果、市場潜在力が高いことを認識する前に、企業は外国市場から退出することがありえる。

概要(英語)

Why do aggregate foreign direct investments (FDI) fall with distance? To answer this question, we examine the behavior of Japanese multinational enterprises (MNEs). We are interested in FDI entry decision given export experience in foreign markets. We postulate that one of the firms' strategies is learning the foreign market potential by exporting first, followed by establishment of foreign affiliates if expected profitability is high enough. We propose a theoretical model and test it empirically using firm-level data from two basic surveys of Japanese companies: the Basic Survey of Japanese Business Structure and Activities and the Basic Survey on Overseas Business Activities for the period 1995-2013. We control for export experience and productivity of Japanese MNEs, and find that the probability of FDI entry decreases in distance. We conclude that trade costs shape outward FDI activity in addition to learning by exporting and productivity channels. Our tentative explanation suggests that trade costs limit firms' ability to reveal the foreign market demand. As a result, they may exit the foreign market before realizing the potential of profitability.