日本語タイトル:為替レートがFTAの利用率に与える影響:原産地規則の視点から

Exchange Rate and Utilization of Free Trade Agreements: Focus on rules of origin

執筆者 早川 和伸 (アジア経済研究所)/Han-Sung KIM (Ajou University)/吉見 太洋 (南山大学)
発行日/NO. 2017年1月  17-E-007
研究プロジェクト 為替レートと国際通貨
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は為替レートが自由貿易協定(Free Trade Agreement, FTA)利用率に与える影響について、原産地規則の視点から分析を行う。為替レートは、「(輸出国通貨建て輸出価格-非原産材料にかかる輸出国通貨建て総費用)/輸出国通貨建て輸出価格」として定義される付加価値率への影響を通じて、輸出企業における原産地規則の順守に影響を与えると考えられる。具体的には、輸出国通貨の輸入国通貨に対する減価(増価)は、輸出国通貨建て輸出価格を上昇(下落)させ、付加価値率の上昇(下落)、そしてFTA利用率の上昇(下落)につながると期待される。本稿では、理論分析によりこうした経路を明らかにした後、得られた予測について、韓国のASEANからの輸入におけるASEAN-韓国FTA(AKFTA)利用率のデータ(2007年~2011年)を用いて検証した。そして、ASEAN通貨の韓国ウォンに対する減価(増価)がAKFTA利用率の上昇(低下)につながっているという、理論分析と整合的な実証結果が得られた。また、このような為替レートがFTA利用率に与える影響は、価格弾力性が高い品目において、より大きくなることも明らかにされた。

概要(英語)

This paper investigates how exchange rates affect the utilization of a free trade agreement (FTA) scheme considering the importance of rules of origin (RoOs). Exchange rates affect exporters' compliance with RoOs by changing the so-called value-added ratio, which is defined as [1 - (Non-originating input price / Export product price)]. We present theoretical underpinnings on this potential linkage with a model of pricing-to-market and provide an empirical examination using rich tariff-line-level data on the utilization of FTA schemes in Korea's imports from the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN) countries. The theoretical framework proposes that a depreciation of exporters' currency against importers' currency enhances FTA utilization by improving the value-added ratio, and such effects are stronger for products with higher demand elasticity. We also show strong empirical support for our theoretical predictions.