日本語タイトル:不完全労働市場と企業の自由参入の下での補助金競争の帰結

Subsidy Competition, Imperfect Labor Market, and Endogenous Entry of Firms

執筆者 森田 忠士 (近畿大学)/澤田 有希子 (大阪大学)/山本 和博 (大阪大学)
発行日/NO. 2016年10月  16-E-096
研究プロジェクト 都市システムにおける貿易と労働市場に関する空間経済分析
ダウンロード/関連リンク

概要

労働市場が不完全であり、企業の自由参入の条件の下での補助金競争の分析を行った。労働市場ではPissarides (2000)に従って労働者と企業が求職、求人活動を行っているが、求人活動に費用がかかる場合、企業の参入が過小にとどまり、常に失業が発生する。このような場合、労働市場の不完全性による歪みを内部化するために企業に補助金を与えることで経済厚生を改善することができる可能性がある。しかし、補助金は自国内の企業の参入を招き、企業数を増加させて競争を激しくする。結果として外国市場では企業数が減少し、外国労働市場の歪みが大きくなり、また、外国の財市場では財価格が上昇して経済厚生が悪化する。このような負の外部性は2国間での補助金競争を誘発する。

補助金が外国に負の外部性を与える場合、補助金競争が2国の経済厚生を改善するか、もしくは悪化させるかは労働市場の条件に依存することを示した。企業の求人費用が高い場合、労働市場の歪みが補助金の外部性より大きく、補助金競争は2国にとって有益である。逆に求人費用が低い場合、補助金競争は2国の経済厚生を悪化させる。

概要(英語)

This paper constructs a model of subsidy competition for manufacturing firms under the existence of labor market imperfection. Because subsidies affect the distribution of firms, they also affect unemployment rates, the number of firms, and welfare. In our model, governments invariably give inefficiently high rates of subsidy to manufacturing firms. When the labor market friction is large, subsidy competition is beneficial, although subsidies under subsidy competition are inefficiently high. We show that the increase in the labor market friction invariably lowers welfare, while trade liberalization always improves welfare. Finally, we study the effect of the increase in labor market friction in a country. The rise of labor market friction in a country raises the equilibrium subsidy rate, raises or lowers the unemployment rate, and lowers the welfare of this country.