日本語タイトル:貿易と成長の非対称メリッツ・モデル

An Asymmetric Melitz Model of Trade and Growth

執筆者 内藤 巧 (早稲田大学)
発行日/NO. 2016年8月  16-E-079
研究プロジェクト 貿易費用の分析
ダウンロード/関連リンク

概要

一方的貿易自由化が産業内再配分を通じて自由化国と貿易相手国の成長と厚生に与える影響を調べるため、資本蓄積に基づく貿易と内生成長の非対称2国メリッツ・モデルを定式化する。解析的に2つの一般的な結果を得た。第1に、各国の国内生産性閾値が増えるとき、そしてそのときにのみ、その国の輸出品目数、輸出品目からの収入割合、成長率が増える。第2に、古い均斉成長経路に比べて、任意の輸入貿易費用の永続的低下は、全ての国、全ての時点の成長率、および全ての国の厚生を高める。

概要(英語)

To examine the effects of unilateral trade liberalization on growth and welfare of the liberalizing and partner countries through intraindustry reallocations, we formulate an asymmetric two-country Melitz model of trade and endogenous growth based on capital accumulation. We obtain two general results analytically. First, each country's mass of exported varieties, revenue share of exported varieties, and growth rate increase if and only if its domestic productivity cutoff increases. Second, compared with the old balanced growth path, a permanent fall in any import trade cost raises the growth rates of all countries for all periods, and welfare of all countries.