日本語タイトル:産業政策と産業集積:「産業クラスター計画」の評価

Industrial Cluster Policy and Transaction Networks: Evidence from firm-level data in Japan

執筆者 大久保 敏弘 (慶応義塾大学)/岡崎 哲二 (ファカルティフェロー)/冨浦 英一 (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2016年5月  16-E-071
研究プロジェクト 産業政策の歴史的評価
ダウンロード/関連リンク

概要

産業クラスター政策の主要な目的の1つに企業間ネットワークの拡大がある。本論文では、企業レベルの取引関係に関するデータを用いて、日本における産業クラスター政策の効果を検証した。その結果、産業クラスター政策のプログラムに参加した企業は、取引関係をより急速に伸ばしたことが明らかになった。ただし、そうした現象は東京所在企業との取引関係についてのみ観察され、地元企業との取引関係については見られなかった。政策プログラム参加企業を主要取引企業のタイプによって区分すると、取引関係を拡大した企業は主に地方銀行を主取引銀行とする企業であり、都市銀行を主取引銀行とする企業ではなかった。この発見は、企業間取引ネットワークの形成に関する主取引銀行の関与の重要性を示唆している。

(本稿は、日本語版のディスカッション・ペーパー(15-J-063)に加筆修正を行った上で、英語版にしたものである)

概要(英語)

Cluster policy is designed to facilitate inter-firm networking. We examine industrial clusters in Japan based on firm-level transaction data. Firms in clusters expand transaction networks at higher speeds, but do so significantly only with firms agglomerated in Tokyo and not with local firms within the same region. By disaggregating firms according to their main bank types, we find that cluster firms expanding networks are mainly financed by regional banks and not by banks with nationwide operations. This suggests the importance of intensive relationships with main banks for inter-firm network formation.

This is the English version of the Japanese Discussion Paper (15-J-063) with some additional information and changes.