日本語タイトル:小売業の効率性の計測:供給関数が非弾力的な商品について

Efficiency of the Retail Industry: Case of inelastic supply functions

執筆者 小西 葉子 (上席研究員 )/西山 慶彦 (京都大学経済研究所)
発行日/NO. 2016年3月  16-E-054
研究プロジェクト 経済変動の需要要因と供給要因への分解:サービス産業を中心に
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究では、小売業の効率性を計測するための新指標を提案する。製造業は、生産者理論に基づきTFP(全要素生産性)によって効率性を定義できるが、生産を行わない小売業では、利益や売り上げといった金額ベースでしか、アウトプットを観測できない。もちろん、データが揃えば、製造業と同様に小売業においてもTFPを計測できる。しかし、計測されたTFPには、需要要因が含まれ、TFPの上昇が必ずしも小売業の効率性の上昇を示すわけではない。そこで、本研究では、理論モデルにおいて、完全競争市場を仮定し、小売業の費用関数と生産者の利潤関数を定式化し、均衡における最適供給量と価格を導出する。対象とするのは、青果、海産物、畜産物などの、供給関数が非弾力的な財を販売する小売業である。それらの費用関数を定式化し、効率性を識別した上で、2008年1月から2014年12月までの野菜の卸売価格と取引量、小売価格の地域レベルの月次パネルデータを用いて、小売業の効率性の計測を行った。これにより、地域間および時系列方向への効率性の比較を行うことが可能となる。実証結果より期間中の小売業の効率性(野菜を売る技術)は安定的に推移していることがわかった。

概要(英語)

We propose a method to measure the efficiency of the retail industry. In the case of the manufacturing industry, we can define its efficiency by total factor productivity (TFP) based on the production function. Since retailers do not produce specific objects, we cannot observe their output with the exception of monetary observations such as sales or profit. TFP could be computed as in the manufacturing industry using such data, however, increased TFP does not necessarily indicate efficiency gain for retailers because it also includes the effects from the demand side. If demand increases, the TFP of retailers will increase. Therefore, we look at retailers' cost function rather than production function to study their efficiency. Assuming that the retail industry is competitive, we construct a cost model and identify the cost efficiency. In standard economic theory, duality holds for productivity and cost efficiency, though it is not clear in the present case. This paper deals with the retailers of goods with an inelastic supply function which include agricultural and marine products. We propose and apply a new empirical method to measure the retail industry efficiency of agricultural products using Japanese regional panel data of wholesale and market prices and traded quantity for a variety of vegetables from 2008 to 2014. The marginal cost efficiency was stable during this period.