日本語タイトル:企業ネットワークデータへの自己組織化臨界モデルと制御理論の適用によるマクロな変動に関する分析

Analyses of Aggregate Fluctuations of Firm Networks Based on the Self-Organized Criticality Model and Control Theory

執筆者 井上 寛康 (兵庫県立大学)
発行日/NO. 2016年3月  16-E-044
研究プロジェクト 物価ネットワークと中小企業のダイナミクス
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、需要のショックによって引き起こされる生産の連鎖のサイズの多様性について調べたものである。ここでの需要のショックは財政政策、すなわち経済システムに何らかの介入をしようとすることも含んでいる。本稿では企業の網羅的なネットワークデータを用いながら、ミクロな生産のモデルによって分析を進めた。さらに、個々の企業がショックを受けやすいかどうかにも多様性があると考え、企業が波及を受けやすいネットワーク上の位置にいるかを制御理論を用いて分析した。本稿で得られた結果は以下のようになる。(1)連鎖のサイズはべき分布である。(2)ショックを与える産業によってその連鎖のサイズは当然異なるが、それは必ず期待できるほどには大きな差ではない。(3)産業連関表の逆行列や実際の財政政策の追跡調査と本稿の結果を比較したころ、十分に対応している。(4)企業が波及から受ける影響というのは産業ごとに大きく異なる。(5)ネットワークの構造的には、サービス産業や小さな企業は波及の影響を受けにくい一方で、鉱業・製造業・卸売業は波及の影響を受けやすい。(6)経済全体に影響を及ぼすのは難しいため、一部を取り上げたい場合には、規模の大きい企業を優先すると直接影響を与えるべき企業の数は増えずに済む。

概要(英語)

This study examines the difference in the size of avalanches among industries triggered by demand shocks, which can be rephrased by control of the economy or fiscal policy, and by using the production-inventory model and observed data. In addition, we investigate how differently demand shocks affect each firm by using control theory that utilizes network topology. We obtain the following results. (1) The size of avalanches follows power law. (2) The mean sizes of avalanches for industries are diverse, but their standard deviations highly overlap. (3) We compare the simulation with an input-output table and with the actual policies and find them to be compatible. (4) The expectations about becoming involved in avalanches are diverse and depend on the industries. (5) It is difficult for service industries and small firms to be affected by the control. On the other hand, mining, manufacturing, and wholesale industries are strongly affected by the control. (6) If we clip a network in descending order of capital size, we do not lose the control effect.