日本語タイトル:サプライチェーン断絶の影響:東日本大震災における推定

Supply Chain Disruptions: Evidence from the Great East Japan Earthquake

執筆者 Vasco M. CARVALHO  (University of Cambridge, CREi, and Barcelona GES) /楡井 誠  (一橋大学) /齊藤 有希子  (上席研究員)
発行日/NO. 2014年6月  14-E-035
研究プロジェクト 組織間、発明者間の地理的近接性とネットワーク
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、企業間サプライチェーンが外生的なショックを伝播させる効果について定量的推計を試みる。企業間取引ネットワークデータと、東日本大震災による津波の地理的経緯度データを組み合わせることにより、浸水被害を受けた企業と直接・間接の取引関係にあった非被災地企業群を識別し、その売り上げの震災前後の変化を、取引関係にはなかった非被災地企業群の売上変化と比較する。推定結果によれば、取引企業の売り上げが被った影響は、被災地企業を販路としていた川上企業の場合は統計的に有意に負であるが、被災地企業から供給を受けていた川下企業の場合は負だが統計的に有意でない。一方、浸水地域企業のうち震災直後に退出した企業に注目すると、それら企業と直接取引関係にあった非被災地企業の売上は統計的に有意に減少している。この負の伝播効果は、退出企業の川上企業よりも川下企業に強く観察される。さらに川下企業群については、退出企業から直接供給を受けていた企業だけでなく、2次・3次川下に位置して間接的に供給を受けていた企業にも、統計的に有意な負の影響がみとめられた。また、浸水地企業と直接取引関係にあった企業は、震災後には新規企業と取引を始める傾向があることが統計的有意に示された。



概要(英語)

This paper quantifies the spillover effect of exogenous shocks, such as earthquakes, on other firms through the supply chain network. Combining micro data on inter-firm transaction networks and geographic information systems, we examine firms' sales growth and transaction relationships outside the tsunami-hit areas before and after the Great East Japan Earthquake. We find that sales growth shows a negative but insignificant effect for firms with suppliers in the affected areas and a negative and significant effect for firms with customers in the affected areas. When we focus on exiting firms in the affected areas as the firms from where the spillovers originated, the sales growth of linked firms outside the affected areas exhibits negative and significant effects for both upstream and downstream firms. Furthermore, significantly negative effects on downstream firms are shown for not only directly linked firms but also indirectly linked firms, with two and three degrees of separation. Finally, we find that firms tend to establish new transactions when they have transaction partners in the affected areas.