このページではJavaScriptを使用しています。


International Transmission of the 2008-09 Financial Crisis: Evidence from Japan

印刷用ページへ

執筆者細野 薫  (学習院大学)
滝澤 美帆  (東洋大学)
鶴 光太郎  (ファカルティフェロー)
発行日/NO.2013年02月  13-E-010
研究プロジェクト労働市場制度改革
ダウンロード/
関連リンク
本文をダウンロード[PDF:446KB] (英語)
ノンテクニカルサマリー
日本語タイトル:2008-09年グローバル金融危機の国際伝播の影響−日本の企業データを用いた実証分析−

概要

2008年から2009年のグローバル金融危機の国際伝播(International Transmission)の影響を、日本企業の株価の変化(CAR:累積超過収益率)を用いたイベントスタディと企業業績(ROAと売上)の変化を観察することで分析した。

世界金融危機は、危機発生国の輸入需要低下による輸出減退効果や、危機発生国の為替減価による輸出減退効果といった貿易リンケージと、金融危機による流動性の枯渇、資本市場の麻痺といった流動性チャンネルの双方のチャンネルを通じて、日本企業の株価と業績に大きな影響を与えた。

一方で、株価と企業業績とでは、双方のチャンネルの影響度に違いがあり、株価は流動性チャンネルの、企業業績は貿易リンケージの影響が大きいことが分かった。



Abstract

We investigate the international transmission of the financial crisis in 2008-2009 to Japanese firms by examining both the stock price responses to the crisis events and the changes in operating performance subsequent to the crisis. Both the stock price responses and ex-post operating performance consistently indicate that the crisis hit Japanese firms through the trade and liquidity channels. The quantitative effects of the two channels, however, differ between the two performance measures—the stock market weighed more on the liquidity channel than the trade channel, while ex-post operating performance indicate that the latter played a more important role than the former in transmitting the crisis to Japanese firms.

ページトップへ