吉川 洋

吉川 洋顔写真

吉川 洋 YOSHIKAWA Hiroshi

ファカルティフェロー

シニアアドバイザー
立正大学経済学部教授
東京大学名誉教授

RIETIでの活動

研究分野 主な関心領域

ケインズ経済学的なマクロ経済理論と、日本経済とりわけ1990年代以降の日本経済の現状分析を主たる研究課題としている。最近は、(1)急速な少子・高齢化と人口減少の下での日本経済の潜在成長率、(2)財政再建と社会保障制度の持続可能性、(3)マクロ経済学への統計力学的アプローチに関心をもっている。

研究プロジェクト

学歴

1974年3月 東京大学経済学部経済学科卒業
1974年9月 イェール大学大学院経済学部博士課程入学
1978年12月 同上 修了(Ph.D. イェール大学)

職歴

1978年9月 ニューヨーク州立大学経済学部助教授
1982年7月 大阪大学社会経済研究所助教授
1988年9月 東京大学経済学部助教授
1993年2月 東京大学経済学部教授
1996年4月 - 2016年3月 東京大学大学院経済学研究科教授
2009年10月 - 2011年9月 東京大学大学院経済学研究科長・経済学部長
2016年4月 立正大学経済学部教授
2016年6月 東京大学名誉教授

主な著作物

著書・編著

  • Macro-Econophysics, Cambridge University Press, 2017 (with Hideaki Aoyama, Yoshi Fujiwara, Yuichi Ikeda, Hiroshi Iyetomi, and Wataru Souma).
  • Japan's Lost Decade, Revised and Expanded Edition, I-House Press, 2008.
  • Reconstructing Macroeconomics: A Perspective from Statistical Physics and CombinatorialStochastic Processes, Cambridge University Press, 2007 (with Masanao Aoki).
  • Comparing Economic Systems Italy and Japan, London: Palgrave, (ed.with Andrea Boltho and Alessandro Vercelli), 2001.
  • Macroeconomics and the Japanese Economy, New York: Oxford University Press, 1995.
  • 『マクロ経済学(第4版)』岩波書店, 2017.
  • 『人口と日本経済』中公新書, 2016.
  • 『デフレーション』日本経済新聞出版社, 2013.
  • 『高度成長 日本を変えた6000日』中公文庫, 2012.
  • 『少子高齢化の下での経済活力』日本評論社, 2010.(藤田昌久氏との編著)
  • 『デフレ経済と金融政策』慶応義塾出版会, 2009.(編著)
  • 『マクロ経済学(第3版)』岩波書店, 2009.
  • 『いまこそ、ケインズとシュンペーターに学べ』ダイヤモンド社, 2009.
  • 『構造改革と日本経済』岩波書店, 2003.
  • 『痛みの先に何があるのか』東洋経済新報社, 2002.(島田晴雄氏と共著)
  • 『ゼロ金利と日本経済』日本経済新聞社, 2000.(深尾光洋氏と共編)
  • 『現代マクロ経済学』創文社, 2000.
  • 『循環と成長のマクロ経済学』東京大学出版会, 2000.(大瀧雅之氏と共編)
  • 『経済政策の正しい考え方』東洋経済新報社, 1999.(小野善康氏と共著)
  • 『転換期の日本経済』岩波書店, 1999.
  • 『高度成長』読売新聞社, 1997.
  • 『金融政策と日本経済』日本経済新聞社, 1996.
  • 『日本経済とマクロ経済学』東洋経済新報社, 1992年
  • 『マクロ経済学研究』東京大学出版会, 1984年

論文

  • "Micro-foundations for macroeconomics: New set-up based on statistical physics," The European Physical Journal Special Topics 225, 2016, pp3337-3344, (DOI) 10.1140/epjst/e2016-60163-8.
  • "Deflation/Inflation Dynamics: Analysis based on Macro Prices," CIRJE Discussion Papers CIRJE-F-959, February 2015 (with Hideaki Aoyama, Yoshi Fujiwara, Hiroshi Iyetomi).
  • "Stochastic macro-equilibrium: a microfoundation for the Keynesian economics," Journal of Economic Interaction and Coordination, Vol.10, 1, 2015, pp31-55, (DOI) 10.1007/s11403-014-0142-4.
  • "Equilibrium distribution of labor productivity: a theoretical model," Journal of Economic Interaction and Coordination, November 2013, (DOI) 10.1007/s11403-013-0118-9 (with Hideaki Aoyama and Hiroshi Iyetomi).
  • "Non-Self-Averaging in Macroeconomic Models: A Criticism of Modern Micro-founded Macroeconomics," Journal of Economic Interaction and Coordination, Vol.7, 1, 2012, pp1-22 (with Masanao Aoki).
  • "Stochastic Macro-equilibrium and the Principle of Effective Demand," CIRJE Discussion Papers CIRJE-F-827, December 2011.
  • "What causes business cycles? Analysis of the Japanese industrial production data," Journal of The Japanese and International Economies, Vol.25 2011, pp246-272 (with Hiroshi Iyetomi, Yasuhiro Nakayama, Hideaki Aoyama, Yoshi Fujiwara, Yuishi Ikeda and Wataru Souma).
  • "Productivity dispersion: facts, theory, and implications," Journal of Economic Interaction and Coordination, Vol.5, No.1, 2010. (with Hideaki Aoyama, Hiroshi Iyetomi and Yoshi Fujiwara).
  • "The General Theory: Toward the Concept of Stochastic Macro-Equilibrium," in B. Bateman, T. Hirai, and M. Marcuzzo eds. The Return to Keynes, p.148-165, Cambridge, Massachusetts and London: The Belknap Press of Harvard University Press, 2010.
  • "Labour Productivity Superstatistics," Progress of Theoretical Physics Supplement, No.179, 2009. (with Hideaki Aoyama, Hiroshi Iyetomi and Yoshi Fujiwara).
  • "Japan's Lost Decade: What Have We Learned and Where Are We Heading?," Asian Economic Policy Review, 2, p.186-203, 2007.
  • "Stock Prices and the Real Economy: Power Law versus Exponential Distributions," Journal of Economic Interaction and Coordination, Vol., No.1, p.45-73, 2006. (with Masanao Aoki).
  • "Uncertainty, Policy Ineffectiveness, and Long Stagnation of the Macroeconomy," Japan and the World Economy, Vol.18, p.261-272 , 2006. (with Masanao Aoki).
  • "The Long Stagnation and Monetary Policy in Japan—— A Theoretical Explanation," in Monetary Policy and Unemployment —— The US, Euro-area, and Japan, Willi Semmler, p.133-165, London and New York: Routledge, 2005. (with Masanao Aoki and Toshihiro Shimizu).
  • "The Role of Demand in Macroeconomics," Japanese Economic Review Vol. 54, No. 1, p.1-27, 2003.
  • 「技術進歩与経済増長」, 呉家駿・李海舟編『中国産業発展与企業制度改革』北京, 経済管理出版社p. 71-78, 2002.
  • "Demand Creation/Saturation and Economic Growth," Journal of Economic Behavior and Organization, 48(2), 2002, p.127-154 (with M. Aoki).
  • "Growth and Fluctuations: the Post-war Japanese Experience," in Lionello F. Punzo ed., Cycles, Growth and Structural Change, London:Routledge, 2001.
  • "La Politique Économique Face À La Stagnation De L'Économie" Economie Internationale, 84-4, p.13-34, 2000.
  • "Technical Progress and the Growth of the Japanese Economy- Past and Future," Oxford Review of Economic Policy, Vol.16, No.2, p.34-45, 2000.
  • 「第8章 一般理論」, ブラッドリー・ベイトマン、平井俊顕、マリア・マルクッツォ編『リターン・トゥ・ケインズ』, 東京大学出版会、p.199-224、2014.
  • 「企業の労働生産性分布」,『経済学論集』第78巻第2号46-58頁, 2012. (青山秀明氏、家富洋氏、池田裕一氏、相馬亘氏、藤原義久氏と共著)
  • 「マクロ経済学における統計物理学的方法(1・2)」,『経済学論集』第76巻第2号pp47-71, 第3号pp99-135, 2010.
  • 「小泉政権下(2001-06年)の財政政策運営について」,『経済学論集』第73巻第2号51-68頁, 2007.
  • 「まえがき」, 青山他『パレートファームス』日本経済評論社, i-iv頁, 2007.
  • 「高齢化と医療制度の将来」,『GERONTOLOGY NEW HORIZEN』Vol.19 No.1, 13-15頁, 2007.
  • 「世紀末不況から新しい世紀へ」,『日本の歴史』,朝日新聞社, 週刊朝日百科117号, 12-220頁, 2004.
  • 「解説」,『森嶋通夫著作集』10巻, 岩波書店, 295-307頁, 2004.
  • 「産業構造の変化と経済成長」, 財務省財務総合政策研究所編『フィナンシャル・レビュー』財務省印刷局, 58号, 121-138頁, 2001.
  • 「部門別生産性格差とマクロ経済学」, 大瀧雅之と共編『循環と成長のマクロ経済学』東京大学出版会, 1-23頁, 2000.
  • 「マクロ経済学と日本経済-オーカン法則再考」, 堀内昭義・岩田一政・福田慎一編『マクロ経済と金融システム』東京大学出版会, 1-22頁, 2000.
  • 「技術進歩とマクロ経済学」,『社会科学研究』東京大学社会科学研究所, 51巻2号, 43-69頁, 2000年2月.
  • 「二〇世紀末の日本経済」,『世界歴史――ポスト冷戦から21世紀へ』, 岩波書店, 27巻, 2000.
  • 「日本経済の潜在成長率」,『経済研究』50巻3号, 228-237頁, 1999年7月.
  • "Causes of the Long Stagnation of Japan during the 1990's: Financial or Real?" Journal of the Japanese and International Economies, 13, p.118-200, 1999 (with T. Motonishi).
  • "Economic Growth: The Italian and Japanese Experiences," Economic Systems, 23(11), 1999 (with Di Matteo).
  • "The Great Depression in Japan: Why Was It So Short?" in Trevor Dick ed., Business Cycles since 1820: New International Perspectives from Historical Evidence, Cheltenham: Edward Elgar, 1998 (with T. Iwami and T. Okazaki).
  • "High Economic Growth and Its End in Japan: An Explanation by a Model of Demand-led Growth," in M. Okabe ed., The Structure of the Japanese Economy, London: Macmillan, 1995.
  • "On the Equilibrium Yen Dollar Rate," American Economic Review, 80(3), June 1990.
  • "An Analysis of Female Labor Supply, Housing Demand and the Saving Rate in Japan," European Economic Review, 33, 1989 (with F. Ohtake).
  • "Postwar Business Cycles in Japan: A Quest for the Right Explanation," Journal of Japanese and International Economies, 1(4), December 1987 (with F. Ohtake).
  • "Financial Volatility and the q Theory of Investment," Economica, 53(209), February 1986 (with K. Ueda).
  • "Demand-Supply Constraints and Inventory Stock in Macroeconomic Analysis," Economic Studies Quarterly, 35(3), December 1984.
  • "On the Firms Short-run Quantity Adjustment: "q" Theory of Goods in Process," Economica, 49(195), August 1982.
  • "Alternative Monetary Policies and Stability in a Stochastic Keynesian Model," International Economic Review, 22(3), October 1981.
  • "On the ‘q’ Theory of Investment," American Economic Review, 70(4), September 1980.

その他

所属学会

日本経済学会(2002年度会長)
American Economic Association

公職

財務省財政制度等審議会臨時委員(2017年4月〜)
財務省財務総合政策研究所名誉所長(2017年4月〜)
内閣府「選択する未来」委員(2014年1〜11月)
内閣官房 「経済の好循環実現に向けた政労使会議」委員(2013年9月〜2014年12月)
日本学術会議会員(2011年10月〜)
内閣官房 社会保障改革に関する集中検討会議委員(2011年)
厚生労働省社会保障審議会委員 (2011年〜)
財務省財政制度等審議会会長(2010年〜2017年3月)
外務省新日中友好21世紀委員会委員(2009年11月〜2016年3月)
内閣府経済財政諮問会議議員(2008年10月〜2009年9月)
社会保障国民会議座長(2008年)
税制調査会委員(2006年11月〜)
農林水産省食料・農業・農村政策審議会委員(2005年7月〜2007年7月)
内閣府経済財政諮問会議議員(2001年1月〜2006年10月)
内閣府景気動向指数研究会(旧経済企画庁景気基準日付検討委員会)委員(1995年〜)
経済産業省産業構造審議会 委員(1993年〜)
大蔵省税制調査会 専門委員(1990年〜2000年)
総理府経済審議会 専門委員(1989年〜2000年)
大蔵省財政金融研究所 特別研究官(1985年〜2000年)

その他学外活動

旭硝子奨学会理事(2013年4月〜)
JFE21世紀財団理事(2012年4月〜)
東京大学出版会理事(2007年〜)
日本経済研究センター理事(2006年〜)

受賞等

紫綬褒章 2010年11月
The UFJ Bank Monograph Award (New York University) (Aoki, M. and H. Yoshikawa, Reconstructing Macroeconomics, Cambridge University Press, 2007に先立って)2002年
第1回読売吉野作造賞(『転換期の日本経済』岩波書店、1999年に対して)2000年7月
全国銀行学術研究振興財団賞(マクロ経済学研究全般に対して)1999年
エコノミスト賞(『日本経済とマクロ経済学』東洋経済新報社, 1992年に対して)1993年3月
サントリー学芸賞(『マクロ経済学研究』東京大学出版会, 1984年に対して)1984年
日経・経済図書文化賞(『マクロ経済学研究』東京大学出版会, 1984年に対して)1984年

社会人教育

東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム(EMP)講師
ナレッジ・フォーラム(野中郁次郎・一橋大学名誉教授主催)講師
財務省・経済財政理論研修 講師