このページではJavaScriptを使用しています。


国際貿易と貿易政策研究メモ
International Trade and Trade Policy: Research Notes

印刷用ページへ

第22回「自由貿易協定(FTA)の効果」

WTOでの多角的貿易自由化交渉が行き詰まっていることを背景として、自由貿易協定 (FTA: Free Trade Agreement) や地域貿易協定 (RTA: Regional Trade Agreement) と呼ばれる2国間・複数国間の貿易自由化協定への関心が高まっている。また、この数年は、環太平洋経済連携協定 (TPP) について、活発な議論がなされてきた。とりわけ、TPPの効果はどの程度なのかが焦点の1つとなっていた。

そこで、今回は、自由貿易協定の効果について考えてみたい。既に、椋 (2006) が既存研究を理論的観点から包括的に整理している。本稿は最近の実証研究を踏まえて、政策実務家が自由貿易協定の効果をいかに捉えるべきか議論する。

本文の続きを読む / PDFを読む [PDF:250KB]

2014年4月15日

バックナンバー

田中 鮎夢

田中 鮎夢顔写真

リサーチアソシエイト / 摂南大学経済学部講師

このフェローの他のコンテンツを読む

ページトップへ