野村 浩二

野村 浩二顔写真

野村 浩二 NOMURA Koji

ファカルティフェロー

慶應義塾大学産業研究所准教授

RIETIでの活動

研究分野 主な関心領域

資本の測定、生産性分析、国民経済計算システム、エネルギー・環境、日本経済

研究プロジェクト

学歴

1993年 慶應義塾大学商学部卒業
1995年 慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了 (M.Phil.)
1998年 同大学大学院博士課程修了
2005年 同大学商学博士号 (D.Phil.)取得

職歴

1996年 - 2003年 慶應義塾大学産業研究所助手
2003年 - 慶應義塾大学産業研究所准教授
2003年 - 2005年 ハーバード大学ケネディスクール行政大学院CBGフェロー
2005年 - 2008年 内閣府経済社会総合研究所客員主任研究員
2006年 - 2007年 OECD 科学技術産業局エコノミスト
2007年 - 国際機関アジア生産性機構APO-PDBプロジェクトマネージャー
2009年 - 日本政策投資銀行設備投資研究所客員主任研究員
2012年 - 内閣府経済社会総合研究所客員主任研究員

主な著作物

"Labor Productivity and Quality Change in Singapore: Achievements in 1974-2011 and Prospects for the Next Two Decades," KEO Discussion Paper, No. 129, 55p, September 2012. (coauthored with Tomomichi Amano)

APO Productivity Databook, Keio University Press, 2012. (coauthored with Eunice Y. Lau)

「地球温暖化対策の経済評価」, 茅陽一監修『CO2削減はどこまで可能か-温暖化ガス-25%の検証』(慶應義塾大学産業研究所選書), エネルギーフォーラム, 第4章, 2009

"The Industry Origins of the US-Japan Productivity Gap," Economic System Research, Vol. 19, No.3, 315-342, 2007 (coauthored with Dale Jorgenson)

"The Industry Origins of Japanese Economic Growth," Journal of the Japanese and International Economies, Vol. 19, No. 4, 482-542, 2005 (coauthored with Dale Jorgenson)

『資本の測定―日本経済の資本深化と生産性』慶應義塾大学出版会, 2004

"Technological Change and Accumulated Capital: A Dynamic Decomposition of Japan's Growth," in Dietzanbacher E. and Lahr M. (eds.), Wassily Leontief and Input-Output Economics, Cambridge University Press, Chap 15, 256-293, 2004 (coauthored with Masahiro Kuroda)

"Cost of Reducing CO2 Emissions in Japan," in Chang C. , Mendelsohn R., and Shaw D. (eds.), Global Warming and the Asian Pacific, Edward Elgar, chapter 8, 153-167, 2003 (coauthored with Masahiro Kuroda)

「環境政策の一般均衡分析」,『三田商学研究』, 第41巻第4号, 27-54, 1998 (黒田昌裕氏と共著)

『KEOデータベース―産出および資本・労働投入の測定』, 1997 (黒田昌裕氏・新保一成氏・小林信行氏との共著)

その他

2005年 第48回 日経・経済図書文化賞(日本経済新聞社)
2005年 義塾賞(慶應義塾大学)