宮島 英昭

宮島 英昭顔写真

宮島 英昭 MIYAJIMA Hideaki

ファカルティフェロー

早稲田大学商学学術院 教授
早稲田大学高等研究所 所長

企業統治分析のフロンティア

企業統治分析のフロンティア:日本企業の競争力回復に向けて

RIETIでの活動

研究分野 主な関心領域

日本経済史研究、企業金融、コ-ポレ-ト・ガバナンス、日本経済論

研究プロジェクト

学歴

1978- 立教大学経済学部卒
1980- 立教大学大学院経済学研究科修士課程修了
1985- 東京大学大学院経済学研究科第2種博士課程修了
2005- 早稲田大学商学博士

職歴

1985年-87年 東京大学社会科学研究所 助手
1987年-89年 早稲田大学商学部 専任講師
1989年-94年 同学部 助教授
1992年-94年 Reischauer Institute for Japanese Studies, Harvard University, 客員研究員
1995年- 早稲田大学商学部 教授
1999年3月-2000年3月 法政大学経営学部・非常勤講師
2001年1月- 財務省財務総合研究所・特別研究官
2001年9月- Chung-Ang University, Adjunct professor
2002年7月- 独立行政法人・経済産業研究所 ファカルティ・フェロー
2003年10月- COEプログラム 企業法制と法創造総合研究所 副所長
2004年4月-2008年 早稲田大学ファイナンス研究所 副所長
2006年11月- 早稲田大学高等研究所 副所長
2010年- Fondation France-Japon de l'EHESS 研究者
2010年9月- 早稲田大学高等研究所 所長

主な著作物

著書

編著:『企業統治分析のフロンティア』 日本評論社 2008年

編著:『日本のM&A:企業統治・組織効率・企業価値へのインパクト』 東洋経済新報社 2007年

『現代日本経済』有斐閣(橋本寿朗・長谷川信氏との共著), 2006

『産業政策と企業統治の経済史:日本経済発展のミクロ分析』、有斐閣、2004

"Corporate Governance in Japan: Institutional Change and Organizational Diversity" (with Masahiko Aoki, Gregory Jackson), Oxford University Press, Forthcoming

"Changes and Continuity in Japan," RoutledgeCurzon Press (with Syed Maswood and David Graham)、2002

"Competition for Competitiveness,Business Government Relationships in the Golden Age" Oxford University Press, (with T. Kikkawa and T.Hikino), 1999

論文

「日本的経営・企業行動」(2002)、貝塚啓明・原田泰『日本型経済システム再訪』有斐閣

「日本企業における自律的ガバナンスの可能性:経営者選任の分析」、伊藤秀史編『日本企業 変革期の選択:ガバナンス、戦略、イノベーション』東洋経済新報社・2002年8月。(青木英孝氏と共著)

"Japan's Banking Crisis:Who has the most to lose?" (with Yishay Yafeh) Journal of Banking and Finance, forthcoming

"Changing Corporate Finance and its Impact on Corporate Strategy After Bubble Period: Is Long-term Strategy of Japanese Firm Really Changing?" (with Yasuhiro, Arikawa), Usha C.V. Haley and Frank Jurgen Richter (eds), Asian Post Crisis Management: Corporate and Government Starategies for Sustainable Competitive Advantage, Macmillan/St. Martin Press 2001

"Corporate Governance, Relational Banking and R & D: Evidence from Japanese Large Firms in the 1980s and 1990s" (with Arikawa, Yasuhiro,Kato, Atsushi), International Journal of Technology Management 23, No.8.(in princt)