IoT/インダストリー4.0が与えるインパクト

第33回「IoTが雇用に与える影響;マッキンゼー・レポート」

岩本 晃一 上席研究員

IoTやAIなどデジタル技術が雇用に与える影響を論じる文献は、いま世界中で次々と発表されている。いままさに世界のホットイシューと言ってもよい。そのなかで、将来の推計値を算出し、「雇用の未来(Future of Jobs)」について述べている文献は、知り得る限り現時点で十数本程度である。今回は、そのうち、2014年11月に対話方式で発表されたマッキンゼー・レポートの概要である。

自動化、仕事、労働の未来(Automation, jobs, and the future of work)
マッキンゼー(Mckinsey & Company), 2014年11月

技術の進展により、米国の雇用創出より早く作業が自動化するどうかを、経済学者・ハイテク企業家・研究者のグループが議論を行った。

仕事の置換の話題では、米国史において、技術の進歩で伝統的な仕事が廃れていく傾向への不満が爆発する。例)19世紀初頭には、職人が織物工場に抗議をした。最近では、新興企業とハイテク産業がこの議論の焦点になる。ピュー研究所の最新の研究では、今後10年に渡って、ロボットと人工知能が多くの数の仕事に取って代わるかどうかについて、技術専門家の意見がほぼ均等に分かれるということがわかった。そのために、まだこの問題について議論する余地が多くある。

この話題について話し合った様子を録画したものに加えて編集した記録である。

[モデレータ]
Michael Chui(マキンゼーグローバル研究所 パートナー)
James Manyika (MGI ディレクター)
【参加者】
Martin Baily(ブルッキングス研究所経済学上級研究員)
Richard Cooper、MauritsC.Boas(ハーバード大学国際経済学教授)
Curtis Carlson(SRIインターナショナル前社長兼CEO)
Reid Hoffman(リンクドイン共同創立者兼会長)
TimO'Reilly(オライリーメディア創立者兼CEO)
Matt Slaughter(Tuck School of Business副学部長)
Laura Tyson(カルフォニア大学バークレー校ハースビジネス公共政策グループ経済経営管理学教授)
Vivek Wadhwa(スタンフォード大学アーサー&Toni Rembeロックセンター 企業統治)

1. 雇用創出の見直し

Tim O'Relly: SF作家Willian Gibsonの素晴らしい一節「未来はここにあり、まだ、均等に分配されていない」の通り、未来で我々が想像することができるSFはさまざま。我々は今日何が起こっているか見渡し、気付き、将来を推定することができる。

Reid Hoffman: もし、皆さんが多くの自動化を見たら、それが人間と機械との組み合わせであることに気づく。全生産において、生産性向上時、各個人がすることも増えることを意味し、人間と機械とのユニットでは、後で他の仕事をする要員の創出は別として、この仕事量をこなす人々の数は減る。最もシンプルな例は、膨大な割合を占めていた農業経済の変革である。

James Manyika: 41%の雇用が農業にあったか?

Reid Hoffman: はい、食料生産は現在では2%以下で、40%の人々は他の仕事に移った。さて、この話題が差し迫っている理由は、「半導体の集積度は18カ月ごとに倍になる」というムーアの法則が、人々の役割を変えるかどうかである。常に痛みを伴う転置がある。我々はその痛みを大幅に減らせるだろうか? 我々はそのタイムサイクルをより短くできるだろうか?

私は、最近中国の深センに行って学んだことの1つ、あまりにも興味深い産業ハブの話をしたい。ファーウェイ社に行って、私は、シリコンバレーの技術者のように、ロボットの完全なラインを期待していた。それは明らかにやるべきこととして全て自動化されているに違いないと考えていたからである。

約60%は自動化されており、40%はまだ人によるものだった。皆さんは「それはただ低コストだからやっているのか?」と言うだろうが、実際には、高賃金・高スキルの仕事を行っていた。実際に将来、人の適応力は鍵となり、人はより適応できるために、人々が機械ラインを設置し全て機械にする時、ライン1からライン2に変えるために新設備が膨大に必要となるが、人々はより簡単に変わることができる。

Tim O'Relly: 人間と機械の組み合せを考える時、ウーバーやアップルストアのようにうまく行き始めているやり方の中に、実際に驚かされる事例があって、それは、実際に人間がそのバックグラウンドによって、より実力を発揮できているケースで、顧客により良い満足をした体験を提供し、新需要を産む。最終的に、我々は、顧客により良い体験を提供することに焦点を当てていくだろうし、必ずしも自動化が必要ではないだろう。我々は、仕事を創出したい時、代理店を外す。それは、「私はあなたを雇いたい、あなたは人間のために働く」という考えである。そのような文化的な理想全ては、人間が作ったものであり、不変なものではない。

Reid Hoffman: 楽観的なシナリオは、Timが述べているように、基本的にフルタイムのサラリーマンのような新産業や新しい仕事を生むだけではなく、多くの異なった経済機会を生む。それは、小規模起業家のような、全てのさまざまなことができる機会である。そして、我々は、ネットワーク時代にあり、考案し、広め、実際に機能する事案に倍がけする能力がより早くなったことで、そういった機会を促進することができる。農業の時代から産業の時代への全体の移行は、実際に多くの痛みを伴ってきている。悲観的なシナリオは、大まかに言うと、今日の深刻な若者の失業問題である。失業した若者の占める割合が大きく、若者に未来がないと考えた時、大抵、市民社会の不安定につながる。市民社会の不安定は、その後、実際に楽観的な未来から目をそらさせてしまう。

2. だれが機械を所有するのか?

Matt Slaughter: 我々は、市場、特に資本市場と関連をもつ多くの機関と、米国で雇用創出を支援する多くの公共政策という、複雑なリスク負担文化を持つ。その雇用は「良い」雇用と言えるのかは、本当に重要な疑問なのである。近年、米国において十分に良い雇用を生んでいないのは、明白の事実である。人々は、自分たちのW-2(米国における源泉徴収表)で、どのくらいの収入を稼いでいるのか、について多く気にしている。学業成績によって収入を分けたとすると、2000年からの米国労働力の96.2%は、インフレを調整すると、全体の稼ぎが下がり続けているか上昇していない学歴群で、それには4年生のカレッジの学位や非専門の高級学位を持っている人さえも含まれる。収入が上がっているのは、平均的に博士課程・医師・弁護士・MBAのような専門の学位を持っている人であり、それゆえ良い雇用を創出するかどうかについて考えると、少し問題に気づかされる。我々が恐らく議論すべき大きな未解決問題は、パネリストがすでに明確に指摘したように、公共政策なのである。

Laura Tyson: 私はMattに同意する。我々は市場経済の元に暮らし、供給と需要は、最終的に雇用水準を決定する。そのために多くの仕事は創出されるが、仕事の質に関しては疑わしく思える。技術によって起こることは、偏ったスキルと労働力の省力化であり、それは、高いスキルの補充ではなく、中間層の仕事を削減することである。賢い人は、技術を持って働き、その仕事は、高い収入の仕事である。しかし、多くの人々は、より低い収入の仕事へ押し出される。次に実際に重要なことは、長い間そうだが、生産性と賃金の広がる格差、つまり生産性・目覚ましい機械の一定の恩恵と、賃金分配方法の間の格差である。我々がインフレ・生産性を調整した場合の今日の最低賃金は、恐らく1時間あたり25$程度のはずだが、実際は10$について論じている。公共政策は、どちらかというと逆行している。明らかにレース水準では前進していない。そのため、政策策定者はレースに負け、多くの離職者、多くの米国の家族がレースに負けると考える。機械が人間を置き換え、機械が人間の働き方を変えていくとしたら、だれが機械を所有するのか? だれが機械を所有すべきなのか? という問いが出てくる。その問いに対して議論する必要のあるものは、機械と共に働く労働者が共同所有者になる方法である。

3. 順応した労働力を得る

Vivek Wadhwa: 自動化について見てみると、ちょうど今、製造業は米国にポツポツと戻ってきているが、インフラのコストや労働力を再教育する難しさから急速には戻ってきてはいない。ポツポツした流れが洪水になるのには、5年または7年かかる。15年経てば、我々は「3Dプリンタをやめて! それらは我々の仕事を奪う」と言って、ストライキでロボットを外に追い出し、行く先々で、大量破壊について話し合うようになる。このように労働力を再教育することはできないが、解決策は何かあるのか?

Curtis Carlson: 今日、バイオ技術・情報技術・ナノテク・エネルギー・ヘルスケア・教育、あらゆる分野があり、全ての人に対して、現在、革命的で変革的な発展に門戸が開かれている。唯一の制限は、それを利用する我々の能力である。恐らく我々は、根本的なことを見ることに対して、間違った兆候を見ているのかもしれない。我々は、経済のスピードでイノベーションしておらず、十分に素早く対応できていない。しかし、あなた方が想像できる全ては、自動化に違いない。それでその世界はどのようになるか知るのは難しいが、短い間では、米国のチャンスの数はかつてないほどである。1つの問題は教育であるが、良いニュースは、もう一度、技術が教育を変革するカリキュラムを作り始めるということである。

4. 仕事の質と財政政策

Martin Baily: 最近私は、ある最も大きな銀行において、銀行窓口係の離職率が年間50%であるということに衝撃を受けた。現在、銀行窓口係であることは、もはやスキルを必要としない職であり、実際に賃金も良くない。この変化は、明確にテクノロジーによるものである。我々は、ITシステムに多くの知力を注ぐことで、スキルのある銀行窓口係を必要としなくなった。しかし、あなたが銀行に行けば、銀行窓口係によりスキルのある人を多少望んだとしても、ウォールマートや多くの他の企業を抱えているので、銀行はより良いコスト効率のために、十分なトレーニングを受けておらず、恐らく多くの教育も受けていない労働者を使用することを明確に決定した。トレーニングはより重要だが、その代わりに生産システムに生産性を構築した。銀行はそういうことが得意だが、それは、高い収入を得るテクノロジーの恩恵を受ける人間である概念設計者の仕事に伴い、多くの非常に質の悪い職種を生み出すことになる。これは、我々の社会の中で、不平等の問題が明確に生まれているということである。しかし、良い仕事を得ることができない、または積極的に得ようとしない人々は、実際、全く働かないことを決めてしまうこともわかっている。そのために、彼らは最終的に失業者になり、障害者になり、労働力を手放す。恐らく、我々がテクノロジーを先導できる方法は、どうやって我々が変わるか、適応するかについて考えることである。つまり、テクノロジーから恩恵を現在受けていない多くの労働者にとって、テクノロジーがより親しみがあり、より補完するものであるように、我々が、テクノロジーを導き、テクノロジーの向かう方向を変えることはできないが、もし、うんざりする仕事を任された労働者が突然、開かれた新しいチャンスを得たら、より意欲を持ち、喜んでスキルを追求するのではないかと考える。

Richard Cooper: 労働省が記録している多くの職種スタブの中で、最も急速に成長している職種は、「その他」の項目、つまり、まだ十分に領域がはっきりしていない分野である。もちろん「その他」にあるものは、新しく定義された産業である。職業が喪失するイノベーションがあるとき、他の誰かには収入が生まれている。そして、論理的な領域に近づくために、そのような収入に何が起こっているのかについて問われなければならない。それは重要なプロセスであり、何らかの仕事を生み出す。個人取引は新しい仕事を生み出すことに貢献しているが、十分な新しい仕事を生み出せない場合には、途切れない財政政策を通して、新しい仕事を作ることができる。それが、論理ループという循環に近づく方法である。

2016年12月26日掲載

この著者の記事