伊藤 隆敏

伊藤 隆敏顔写真

伊藤 隆敏 ITO Takatoshi

ファカルティフェロー (2015年3月31日まで)

プログラムディレクター (2016年3月31日まで)
コロンビア大学教授(兼)政策研究大学院大学教授

RIETIでの活動

研究分野 主な関心領域

国際金融論、日本経済論、マクロ経済学

研究プロジェクト

学歴

1973年3月 一橋大学経済学部卒業
1975年3月 一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了(経済学修士)
1979年6月 ハーバード大学大学院経済研究科博士課程修了(Ph.D.取得)

職歴

1979年9月 - 1986年8月 ミネソタ大学経済学部助教授(Assistant Professor)
1984年9月 - 1985年8月 (兼)スタンフォード大学フーバー研究所ナショナル・フェロー
1986年9月 - 1988年8月 ミネソタ大学経済学部准教授(Associate Professor)テニュア(tenure)付
1986年7月 - 1987年6月 (兼)ハーバード大学経済学部客員准教授
1988年9月 - 1991年3月 一橋大学経済研究所助教授
1991年4月 - 1999年7月 一橋大学経済研究所教授
1992年9月 - 1994年6月 (兼)ハーバード大学ケネディー行政大学院客員教授
1994年8月 - 1997年3月 (派遣)国際通貨基金(International Monetary Fund)調査局シニア・アドバイザー(上級審議役)
1999年7月 - 2001年7月 大蔵省大臣官房参事官(副財務官)へ転任(配置換え)
2001年7月 - 2002年4月 一橋大学経済研究所教授
2002年4月 - 2004年3月 東京大学先端科学技術研究センター教授
2004年4月 - 2014年3月 東京大学大学院経済学研究科(兼)東京大学公共政策大学院教授
2014年4月 - 2014年12月 政策研究大学院大学教授(兼)東京大学公共政策大学院特任教授
2015年1月 - 現在 コロンビア大学教授(兼)政策研究大学院大学教授

<そのほか短期・パートタイム客員など>
1988年6月 - 8月 国際通貨基金アジア局客員研究員(Visiting Scholar)
1989年9月 国際通貨基金調査局客員研究員(Visiting Scholar)
1990年9月 - 1991年6月 ミネソタ大学経済学部客員教授
1990年3月 - 1992年2月 日本銀行金融研究所客員研究員
1997年10月 - 1998年9月 東京大学経済学研究科客員教授
2001年7月 - 2003年3月 アジア開発銀行研究所(ADBI)客員研究員
2004年11月 - 現在 経済産業研究所

<雑誌編集>
Editor, Journal of the Japanese and International Economies, 1997-1999
Co-editor, Asian Economic Policy Review, 2006-

主な著作物

『日本財政「最後の選択」』、日本経済新聞社、 2015
『インフレ目標政策』、日本経済新聞社、2013
A Basket Currency for Asia, Routledge,Pub., 2007
『インフレ目標と金融政策』(共著: 林伴子), 東洋経済新報社, 2006
『インフレ・ターゲティング』日本経済新聞社, 2001
『構造変化と伴う東アジアの成長~新古典派成長論vs雁行形態論~』(共著: 園部哲史他)、経済企画庁経済研究所編、『経済分析』第160号, 2000
"No More Bashing: Building a New Japan-United States Economic Relationship" (共著: with C. Fred Bergsten and Marcus Noland), Washington DC: Institute for International Economics, 2001
"Financial policy and Central Banking in Japan" (共著: with Thomas F. Cargill and Michael M. Hutchison), MIT Press, 2000
"An Independent and Accountable IMF" (共著: with Jose De Gregorio, Barry Eichengreen, and Charles Wyplosz), Geneva Report on the World Economy No. 1, September 1999, Geneva: International Center for Monetary and Banking Studies.
"The Political Economy of Japanese Monetary Policy" (共著: with Thomas F. Cargill and Michael M. Hutchison), MIT Press, 1997
"A Vision for the World Economy" (共著: with Robert Z. Lawrence and Albert Bressand) Washington DC: Brookings Institution, 1996
『消費者重視の経済学』、日本経済新聞社, 1992
"The Japanese Economy", MIT Press, 1992
『不均衡の理論と実証』東洋経済新報社, 1985(第29回日経経済図書賞)

詳細:[PDF:216KB]

その他

<学会>
日本経済学会常任理事及び副会長(2003)、会長(2004)
東京経済研究センター代表理事(2003)
American Economic Association, member
Econometric Society, Fellow and Far Eastern Council Member
National Bureau of Economic Research, Research Associate

<審議会等>
関税・外国為替等審議会:外国為替等分科会委員(2005-)、分科会会長(2011-)、審議会会長(2013-)