八田 達夫

八田 達夫顔写真

八田 達夫 HATTA Tatsuo

ファカルティフェロー (2013年09月30日まで)

政策研究大学院大学学長

RIETIでの活動

研究プロジェクト

学歴

国際基督教大学教養学部卒
Ph.D.in Economics(米ジョンズホプキンス大学)

職歴

米オハイオ州立大学経済学部助教授、米ジョンズ・ホプキンス大学経済学部教授、大阪大学社会経済研究所教授、所長、国際基督教大学国際関係学科教授を経て、2007年4月より現職。

主な著作物

『直接税改革』(日経)、『年金改革論』(日経)
編著書に、『東京一極集中の経済分析』(日経)、『東京問題の経済学』(東大出版)などがある。


「デリバティブ保険のメリット」 『経済学セミナー』No.540、4-5頁、2000年1月

「21世紀における国家と市場の役割分担」 『Re』No.123,32-38頁,2000年1月

「首都移転反対論」 『東京都議会調査資料』No.93、3-28頁、2000年2月

「通勤の疲労コストと最適混雑料金の測定」 『日本経済研究』No.41,2000年9月1日、100-131頁

「電力部分自由化の評価と今後の課題」 『国際資源』通巻第311号、2000年11月、14-19頁

"The Paradox in Capital Theory and Complementarity of Inputs," Review of Economic Studies, 63 (February 1976), pp.127-42.

"A Theory of Piecemeal Policy Recommendations," Review of Economic Studies, 64 (February 1977), pp.1-21.

"A Recommendation for a Better Tariff Structure," Econmetrica, 45 (November 1977), pp.1859-70.

"Structure of the Correspondence Principle at an Extremum Point," Review of Economic Studies, 47 (October 1980), pp.987-997.

"Competition and Nationally Optimum Resource Allocation under the Presence of Urban Traffic Congestion," Journal of Urban Economics, 14 (September 1983), pp.145-167.

"The Generalized Theory of Transfers and Welfare: Bilateral Transfers in a Multilateral World," American Economic Review, 73 (September1983), pp.606-618, with J. N. Bhagwati and Richard A. Brecher.

"Welfare Effects of Changing Commodity Tax Rates Toward Uniformity," Journal of Public Economics, 29 (February 1986) pp.99-112.

"Optimality of a Competitive Equilibrium in a Small Open city with Congestion," Journal of Urban Economics 43, (1998) pp.181-198, with N. Akai and T. Fukushima.

A Theory of Commodity Tax Reform Under Revenue Constraint. The Japanese Economic Review 55 (March 2004) 1-16

その他

1996年5月 日本不動産学会著作賞
 [東京問題の経済学](共編・東京大学出版会、平成7年)
1998年5月 都市住宅学会賞「どのような都心居住促進政策ならば正当化できるか」
 『都市住宅学』1994年冬号、16-25頁
1999年11月 日本経済新聞社図書文化賞
 『年金改革論』1999年 (小口登良氏と共著)
経済産業省 エネルギー資源調査会臨時委員
内閣府 規制改革会議委員