青木 玲子

青木 玲子顔写真

青木 玲子 AOKI Reiko

ファカルティフェロー (2016年11月18日まで)

九州大学 理事・副学長

RIETIでの活動

研究プロジェクト

学歴

1981年3月 東京大学理学部数学科卒
1983年3月 筑波大学大学院経営政策研究科卒
1983年8月 筑波大学大学院社会工学研究科博士課程中途退学
1986年6月 スタンフォード大統計学修士取得
1987年10月 スタンフォード大学大学院経済学部博士課程卒

職歴

1987年9月 オハイオ州立大学経済学部 Assistant Professor
1990年1月 ニューヨーク州立大学ストーニー・ブルック校経済学部 Assistant Professor
1997年9月 オークランド大学経済学部 Senior Lecturer
2003年1月 一橋大学経済研究所助教授
2005年7月 オークランド大学経済学部 Senior Lecturer
2005年12月 オークランド大学経済学部 Associate Professor
2006年7月 一橋大学経済研究所教授
2014年10月 九州大学 理事・副学長(非常勤)
2014年12月 九州大学 理事・副学長

2007年4月 - 2009年3月 一橋大学評議員
2009年3月 - 2014年1月 総合科学技術会議議員

主な著作物

書籍
Aoki, R. "Access to Genetic Patents and Clearinghouse Model - Economic Perspective," in G. Van Overwalle ed., Gene Patents and Collaborative Licensing Models? Patent Pools, Clearinghouses, Open Source Model and Liability Regimes, Cambridge University Press, 2009, pp. 350-364.

青木玲子 「中間技術の保護とランセンス」『現代経済学の潮流2008』(浅子和美・池田新介・市村英彦・伊藤秀史編)東洋経済新報社、2008年8月14日、69-104頁

青木玲子・蓬田守弘 「少子化の経済的インパクト:理論的分析」『少子化の経済学』(斎藤修・高山憲之編著)東洋経済新報社、2006年、49-65頁

Aoki, R., Kubo, K. and Yamane, H., “Patent Policy and Public Health in Developing Countries: Lessons from Japan," Bulletin of the World Health Organization, 84(5), 2006, pp. 417-419.

青木玲子 「スピルオーバーと技術開発競争」『ゲーム理論の応用』(今井晴雄・岡田章 編著)勁草書房、2005年、81-108頁

青木玲子・長岡貞男 「有用性基準の経済学」『知的財産制度とイノベーション』(長岡貞男・後藤晃 編著)東京大学出版会、2003年、249-274頁

論文
Aoki, R. and Spiegel,Y., "Pre-Grant Patent Publication and Cumulative Innovation," International Journal of Industrial Organization, Volume 27, Issue 3, May 2009, pp. 333-345.

Schiff, A. and Aoki, R., "Differentiated Standards and Patent Pools," Journal of Industrial Economics Web Notes and Comments, forthcoming.

Aoki, R. and Schiff, A., "Collective Rights Organizations and Investment in Upstream R&D," Hi-Stat GCOE Discussion Paper No.45, March 2009.

Aoki, R. and Konishi, Y., "The Relationship between Consumption, Labor Supply and Fertility- Theory and Evidence from Japan," Center for Intergenerational Studies Discussion Paper, March 2009.

Aoki, R. and Schiff, A., "Intellectual Property Clearinghouses: The Effects of Reduced Transaction Costs in Licensing," invited to revise and resubmit to Information, Economics and Policy, March, 2009.

Aoki, R., and Nagaoka, S., "The Utility Requirement and the Patentability of Intermediate Technology," invited to revise and resubmit to Journal of Theoretical and Institutional Economics, November 2008.

Aoki, R. and Saiki, T., "Implication of Product Patents - Lessons from Japan," Commission on Intellectual Property, Innovation and Public Health, World Health Organization, 2005, p. 37.

Aoki, R., "Effect of Credible Quality Investment with Bertrand and Cournot Competition," Economic Theory 21, 2003, pp. 653-672.

Aoki R., "R&D Competition for Product Innovation: An Endless Race," American Economic Review, Papers and Proceedings, 81(2), 1991, pp. 252-256.

その他
青木玲子 「『知財の法と経済学シンポジウム』開かれる-ジェフリー・マニ氏(マイクロソフト・アカデミック・リレーションズ・マネジャー)の発言を中心に」 『経済セミナー』No.638、58-59頁、日本評論社、2008年6月

長岡貞男・青木玲子 「試験研究例外の経済分析」平成17年度特許庁研究事業・大学における知的財産権研究プロジェクト研究成果報告書『リサーチツールなど上流技術の研究の特許保護のあり方の研究』、2006年、187-207頁

青木玲子 「米国の競争政策当局のアプローチ:経済的な問題を中心に」『技術標準と競争政策-コンソーシアム型技術標準に焦点を当てて』公正取引委員会・競争政策研究センター、2005年

青木玲子・長岡貞男 「新標準の確立・普及のための提携形成分析とその政策含意」平成16年度特許庁研究事業・大学における知的財産権研究プロジェクト研究成果報告書『技術標準にかかわる必須特許の成立過程およびその構造的特徴についての研究』、2005年

青木玲子 「特許出願公開に関する経済分析」特許庁委託平成11年度工業所有権研究推進事業報告書、知的財産研究所、2000年