日本語タイトル:株式上場と資金制約

Listing and Financial Constraints

執筆者 植田 健一 (東京大学 / TCER)/石出 旭 (ノースウェスタン大学)/後藤 康雄 (リサーチアソシエイト)
発行日/NO. 2017年6月  17-E-090
研究プロジェクト 企業金融・企業行動ダイナミクス研究会
ダウンロード/関連リンク

概要

我々は、企業は株式上場により資金制約が緩和されることを示した。ただしそのメカニズムは単純ではない。この結果は、1995年から2014年の20年間にわたる日本の企業レベルのデータを用いたもので、メインバンクによる影響や、株式の過半数を握る親会社がある場合などを、除いた結果である。具体的には、よく似た非上場の企業に比べ、上場している企業は資本の限界生産性が低く、不景気の際により多く借りられるという特徴が見られた。しかしながら、上場企業が非上場企業よりも平均的に借入金が多いというわけではなく、むしろ少なく、そのために借入制約がより緩やかなように見えるというのが、実態である。

概要(英語)

We confirm, with a twist, that listing on a stock exchange can mitigate the financial constraints of firms, using Japanese firm-level data over the period 1995-2014, controlling for main bank relationships and majority owner influence. Compared to a similar unlisted firm, a listed firm has a lower marginal product of capital and more new borrowings during recessions. Theoretically, we argue that these are the most important variables to uncover differential financial frictions between listed and unlisted firms. However, on average, listed firms do not borrow more over time, but rather maintain lower leverage to mitigate the borrowing constraints.