日本語タイトル:東日本大震災によるサプライチェーンの寸断が労働者に与えた影響

The Effects of Supply Chain Disruptions Caused by the Great East Japan Earthquake on Workers

執筆者 近藤 絢子 (東京大学社会科学研究所)
発行日/NO. 2017年6月  17-E-089
研究プロジェクト 日本の労働市場の転換―全員参加型の労働市場を目指して―
ダウンロード/関連リンク

概要

東日本大震災は、被災地において直接被害を受けた企業に雇われていた労働者だけでなく、その取引相手の雇用者にも、サプライチェーンの寸断を通じて影響を与えた。本稿は、このような間接的なショックが、労働者の離職、産業間移動、地域間移動、震災後数年間の就業状態に与えた影響を検証する。サプライチェーン寸断の影響を受けた労働者の離職は増えたが、必ずしも産業間移動の活発化には結びつかず、むしろ他の都道府県への地理的な移動が増えていたことがわかった。就業状態への影響については、自己申告による主観的な影響度と、都道府県間産業連関表を用いて推計した産出量の減少の指標とでは結果が異なる。震災の影響を受けたと自己申告した労働者には、2012年10月時点において失業率が高いなどの負の影響が見られたが、産出量の減少の指標と、その震災時点でその産業・都道府県で働いていた労働者の就業状態には相関が見られなかった。この違いはおそらく、別の理由で失職した労働者が震災のせいにするという心理的なバイアスによるものと推測される。被害の自己申告に基づいて災害の影響を検証する際には、こうしたバイアスに留意が必要であることが示唆される。

概要(英語)

The Great East Japan Earthquake affected not only local workers employed by establishments that were directly damaged, but also those of their trading partners through supply chain disruptions. I estimate the effect of such indirect shocks to workers on their job separation, inter-industry mobility, geographical relocation, and employment status in the following years. I find that such shocks increased job separation in the study period. This increased job separation did not increase inter-industry mobility, but rather induced relocation to other prefectures. The effect on employment status was mixed. Although the self-reported indicator of being affected by the earthquake is significantly correlated with negative outcomes such as high unemployment, the proxy for the production decline at the prefecture-industry level is uncorrelated with employment status. This result implies that people who faced a negative employment shock may have attributed it to the exogenous event, which could cause substantial bias in the self-reported data on the effect of disasters.