日本語タイトル:サービス業におけるTFPQの分散とヴォラティリティ

Dispersion and Volatility of TFPQ in Service Industries

執筆者 森川 正之 (理事・副所長)
発行日/NO. 2017年6月  17-E-088
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、狭く定義されたサービス業を対象に、生産性のクロスセクションでの分散と時系列での動態に関する実証的事実を提示する。高頻度のミクロ時系列データを使用し、サービス業の生産性を数量ベースの生産性指標(TFPQ)と金銭ベースの指標(TFPR)を比較しつつ分析した研究は、おそらく初めてのものである。分析結果によれば、第1に、TFPQとTFPRの変動は、事業所レベルで高い相関関係がある。第2に、生産性の事業所間格差は、一般にTFPQよりもTFPRの方が大きい。これは製造業を対象とした先行研究とは異なる結果である。第3に、産業平均のTFPが高いときは、一般にTFPの事業所格差が小さく、産業平均のTFPが低いときは格差が大きい傾向がある。第4に、TFPの時系列でのヴォラティリティが高い事業所ほど、平均的な生産性水準が低い。

(本稿は、日本語版のディスカッション・ペーパー(17-J-010)に修正を加えた上で、英語版にしたものである)

概要(英語)

This study, using microdata on narrowly-defined service industries, presents empirical findings on the cross-sectional dispersion and time-series volatility of total factor productivity (TFP). The novelty of this study lies in its use of high-frequency, establishment-level panel data to compare the physical measure of productivity (TFPQ) and revenue-based productivity (TFPR) in the service industries. According to the analysis, first, TFPQ and TFPR are highly correlated with each other in terms of cross-section as well as time-series dimensions. Second, the within-industry dispersion of TFPQ is not necessarily larger than that of TFPR, which differs from past studies on the manufacturing sector. Third, TFPQ dispersion is lower when aggregated industry-level TFPQ is higher, and vice versa. Fourth, service producers with highly volatile TFP are less productive.