日本語タイトル:競争、不確実性、および資源の非効率配分

Competition, Uncertainty, and Misallocation

執筆者 細野 薫 (ファカルティフェロー)/滝澤 美帆 (東洋大学)/山ノ内 健太 (慶應義塾大学)
発行日/NO. 2017年5月  17-E-071
研究プロジェクト 企業成長のエンジンに関するミクロ実証分析
ダウンロード/関連リンク

概要

不確実性は、除却費用やtime-to-build(資本になるまでの時間)を伴う投資を遅らせ、静学的な観点からみた資源配分の非効率化(ミスアロケーション)をもたらす。しかし、理論的には、不確実性が投資と静学的なミスアロケーションに及ぼす影響は、財市場の競争度に依存する可能性がある。日本の製造業の大規模な事業所レベルのデータを用いた実証の結果、以下の事実が明らかになった。第1に、不確実性は静学的な資源配分のミスアロケーションをもたらす。第2に、不確実性がミスアロケーションに及ぼす程度は、財市場の競争が激しいほど大きい。第3に、競争が不確実性によるミスアロケーションを悪化させるのは、前年度に投資を行わなかった企業間のミスアロケーション(inactive margin)ではなく、むしろ前年度に投資を行った企業間のミスアロケーション(active margin)を悪化させることによる。競争によって、投資を行う確率は高まる一方、最適な資本の水準の変動が大きくなるために、ミスアロケーションが悪化するのである。これらの結果は、資源配分の効率性を向上させるうえで、競争政策と不確実性の低減が補完的であることを示唆している。

概要(英語)

Uncertainty delays investment that involves disruption cost or time-to-build, resulting in capital misallocation from a static point of view. However, theory predicts that uncertainty will affect investment, and hence static misallocation, depending on the degree of product market competition. Using a large panel dataset of manufacturing plants in Japan, we find that although uncertainty results in static misallocation, the effect is weaker for industries with less severe product market competition. We further find that competition worsens uncertainty-driven misallocation through the misallocation among firms that invested in the previous year (the active margin) rather than among those that did not (the inactive margin). While competition increases the probability of investment, it increases the variability of the optimal level of capital as well, which worsens misallocation. To improve allocative efficiency, reduced uncertainty complements competition policies.